泣きたい時にうぇんうぇん泣けるオススメの曲(洋楽)6選

この記事をシェア

泣く赤ん坊

はうああああ今日はなんかもう泣きたい気分なんじゃ!って時ありますよね。

泣きたい時は我慢せずに泣ける曲を聴いて、赤ん坊のように泣き喚きましょう。

聴くと雨粒が頬を伝うこと間違い無しのオススメの曲(洋楽)を紹介します。

スポンサーリンク

独断と偏見で選んだ泣けるオススメの曲(洋楽)6選

The Beatles – Blackbird

言わずと知れたビートルズ。ポール・マッカートニー作曲です。

この曲は何回聞いてもその度に泣きたくなる、世界一美しいメロディーだと勝手に思っています。

当時人種差別を受けていた黒人女性たちへ向けた応援歌で、彼女らをブラックバードという鳥に見立ててこの曲を書いたそう。

そしてこんな泣けるエピソードがありました。

〜わずか4日で天国へ旅立った息子へ〜 父親が捧げるビートルズの名曲が切なくも美しい | feely

死にゆく小さな小さな息子の為に、父親がこの名曲を病院で語りかけるように歌うんです。はーたまらん。

Sigur Rós – Untitled #1

シガー・ロス (Sigur Rós)はアイスランドのポストロックバンド。(wikipedia

北欧出身のアーティストは幻想的で壮大な曲を作る人が多いですね。確かにクッソ寒い国で陽気な音楽作ってたら違和感あります。

ユサイデロ〜ユソ〜と歌っている言葉はホープランド語という造語だとか。自分たちが勝手に作った言葉で堂々と歌うってすごい勇気ですよね。僕なら恥ずかしぎてとても真似できない。

PVが印象深くなんとも考えさせられます。

学校が終わり子供たちが勢いよく外に飛び出すとそこは真っ赤な空で、黒い灰が降り積もる荒廃した世界。

そこでガスマスクをつけた子供達が無邪気にはしゃいでる。PVの最後に一人の子供がつまづきマスクが取れてしまう。あの子供は一体どうなってしまうんでしょう。

このPVは2003年のMTVヨーロッパミュージックアワードで最優秀ビデオ賞を受賞しました。

Radiohead – No Surprises

レディオヘッド(Radiohead)は、イギリスのロックバンド。(wikipedia

このイントロだけで、ああもう涙出そうって人間が世界中に結構な数いると思います。

イギリスの労働者階級の閉塞感を歌った曲だと思うんですが、現代の日本社会にもぴったり当てはまる曲だと思います。

鬱屈した気持ちを抱えながら仕事をこなす日々で、心身共に疲弊し、ゆっくりと命を削られていく。
政治は何もしてくれない、危険もなく、ただ平穏で、静かな日々を過ごしたいと嘆く内容。

自殺をほのめかす歌詞もあって、本当悲しいしやるせないし暗いんですが、そんな人たちをこれ以上なく癒してくれる極上のメロディーが涙を誘います。

励ましの言葉なんて一文も出てこないのですが、歌詞の共感と旋律の美しさだけで、不思議となんとか明日もやっていこうという気持ちにさせてくれます。

Coldplay – Fix You

コールドプレイ(Coldplay)は、イギリスで結成されたロックバンド。(Wikipedia

和訳付きの動画にしてみました。イギリスの超人気バンド。fix youって言葉いいですよね。君を支えるとか癒すとかそんな意味です。

辛い時や落ち込んでる時にこの曲を聞くと、きっと励まされるのではないでしょうか。

てかこんな曲紹介してる時に本当申し訳ないんですけど、今落ち込んでるって打とうとしたらお乳混んでるって変換されてちょっと吹いた

OASIS – Stop Crying Your Heart Out

オアシス(Oasis)は、イギリスのロックバンド。1991年結成。2009年解散。(wikipedia

これもイギリスの超人気バンド。現在は解散してメンバー個々人で活動しています。この曲は映画バタフライエフェクトの主題歌にもなっている名曲。マイアンセム。

こんな泣ける曲なのに「Stop crying~」と歌われても困る。

Kyte – Sunlight

イギリスの超人気ではないけど多分それなりな人気のバンド。最近は何やっているか分かりません。調べても出てこない。

この1stアルバムはポストロックと呼ばれるジャンルの中でも屈指の名盤だと思います。

この何言ってるか分からないウィスパーボイスが僕の涙腺を刺激してくれます。

あとがき

顔を隠しうずくまる外国人の女の子

さて思う存分涙を流したところで、泣く事で得られるメリットをご紹介します。

ストレス解消

ストレスが溜まると自律神経が乱れたり、脳の機能が落ちたりして、身体や心に影響が出てしまう状態になります。でも泣くことで副交換神経が刺激され、脳がリラックスした状態になりコルチゾールというストレスホルモンを抑えることに繋がるのだそう。

泣いたあとにスッキリした気持ちになるのは科学的に証明されていることなんですね。

美容効果

僕はそういえばもう何年も泣いていませんが、涙を長期間流さないと涙腺が詰まってしまうそうです。それが涙を流すことで、溜まっていた必要の無い水分が体の外に出て、顔のむくみがとれるんだとか

ダイエット効果

ストレスを溜め込んだ状態だと、欲求がコントロールできなくなって我慢できなくなっちゃうのだそう。ストレスを感じるたびに、欲望の赴くままにケダモノのように貪り食ってしまう。そら太るわって話。泣いてストレス解消する事で食欲を抑えられ、ダイエットにつながるわけですね。

感情を安定させ、悲しみを和らげる

泣くとセロトニンという幸せホルモンと呼ばれる物質と、エンドルフィンという脳内麻薬とも呼ばれる物質がドバドバ出るんだと。

セロトニンは心の安定、やる気が出る効果があり、エンドルフィンは鎮痛作用があって悲しみや痛みを和らげてくれる効果があります。

要は精神にとっても良い影響を与えてくれるというわけです。

ぐっすり寝られる

泣くとなんだか疲れてすぐ寝れますよね。体力を使う+リラックス効果で、眠気が襲ってくるのです。

うちの嫁なんか酔うと泣き上戸になって日頃の愚痴が止まりませんが、ひとしきり喋って泣き止んだ後はそれはもう爆睡。

寝付けない日々が続いている人は、泣ける音楽を聴いたり映画を見たりするといいかもしれません。

なんかいい事だらけですね笑

泣いて悪いことはなさそう。目が腫れるくらいかなデメリットは。

涙活に勤しみましょう。

スポンサーリンク

この記事をシェア