Essential Phone PH-1徹底レビュー【アンドロイド版iphoneX】

この記事をシェア

Essential Phone PH-1

今回はEssential Phone PH-1のレビューです!

元々Huaweiのhonor8を使ってたんですが、コンクリートに盛大にぶちまけてしまい、ディスプレイが無残な姿に。。。

次に買う条件として、antutu10万超、honor8くらいのサイズ、なるべくリーズナブルな価格、で探していたところこのスマホを見つけました。

ハイエンドな中華スマホは基本でかいんですよね。画面が6インチくらいのがほとんど。

でもEssential Phone PH-1は5.71インチと画面サイズは大きいのに、本体はhonor8やiphoneXと変わらずちょうどいい大きさ。

購入後一週間くらい経ったのでレビューをしてみたいと思います。

欲しくて迷っている方はぜひご参考いただければ幸いです!

スポンサーリンク

Essential Phone PH-1レビュー

Essential Phone PH-1とは?

Essiencial phone PH-1

Androidを作った“Androidの父”と呼ばれているアンディールービンというおじさんが作った、スマートフォン「Essential Phone (PH-1)」

アンディルービン

2560 x 1312(19:10)、5.71インチと高解像度で大きなディスプレイ、極限までベゼル(額縁)が無いのでコンパクトサイズで持ちやすく、傷のつきにくいチタンボディ。

CPUはハイエンドスマホのOnePlus 5T、Galaxy Note 8等と同じくSnapdragon 835を採用。

メモリは4GBRAM、SDカード非対応ですが128GBのストレージと充分な容量。

OSはAndroid 7.1.1 Nougat。Esseintialによるカスタムはほとんどなく、素っ裸でシンプルなAndroidです。

Essential Phone PH-1のスペック

発売日2017年9月1日(日本未発売)
価格499USD
OSAndorid 7.1
サイズ・重量141.5×71.1×7.8 185g
ディスプレイ5.71インチ 2560 x 1312、19:10
Gorilla Glass 5
CPUSnapdragon 835、2.45GHz Octa Core
GPUAdreno 540
RAM/ROM4GB/128GB
MicroSD×
カメラリア1300万画素×2、フロント800万画素
Bluetooth5.0
バッテリー3040mAh、USBタイプC
WIFI802.11a/b/g/n/ac with MIMO
SIMNanoSIM
ネットワークFDD-LTE: 1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/17/20/21/25/
26/28/29/30/66
TD-LTE:38/39/40/41/42/43
WCDMA:1/2/4/5/6/8
CDMA2000:0/1/10
TD-SCDMA:34/39
GSM: 850, 900, 1800, 1900 MHz
※バンド19にも対応している模様

カラーバリエーションは4種類用意されています。ブラックムーンとピュアホワイトのみ発売中。

ステラーグレーとオーシャンデプスは近日発売予定。

ブラックムーンは指紋がつきやすいというレビューをよく見ましたので、自分はピュアホワイトを購入。

どうせケースつけるから関係ないのですが。

※2/18追記

上記ステラーグレーとオーシャンデプスに加えカッパーブラック、Amazon限定のハログレーの新色4色が発表されました!

ステラーグレー

オーシャンデプス

カッパーブラック

ハログレー

ハログレーはAmazon のスマートアシスタント「Alexa」が搭載されたモデルとなります。

新色出るまで待っておけばよかったとちょっと後悔。。

360度カメラ付きも販売されていますが、特に興味ないのでスルー。

充電用ドッグも登場予定のようです。これ欲しい。

スポンサーリンク

Essential Phone PH-1はどこで買えるの?

日本のAmazonでも買えますが並行輸入品の為、かなり割高になります。

Essentialの公式サイトでは定価の499ドルで買えますが、

日本国内への配送に対応しておらず、別途配送サービスを使う必要があるのでおすすめしません。

※5/1追記

公式サイトでも日本への直送を開始しました!

Android 8.1では日本の技適マークも表示されるので、国内でも問題なく使用可能です!

購入先で一番のおすすめはアメリカのAmazon

個人輸入は敷居高そうですけど、登録方法は調べたら山ほど出てくるし、簡単に注文まで行けました。

注文の詳細はこんな感じ。

Import Fees Depositというのは輸入にかかる関税や消費税、その他手数料の前払金です。

スマホは関税が無いのでちょっと戻ってくるのかな?

セール中だったので総額52000円くらいで買えました。

米amazonはこちら↓

日本のamazonはこちら↓

Essential Phone PH-1開封の儀!

Essential Phone PH-1

1月26日に注文し、2月8日に届きました。

Essential Phone PH-1

Essential Phone PH-1

開ける瞬間が一番気分が高揚しますね。

Essential Phone PH-1

横にスライドさせます。

Essential Phone PH-1

じゃじゃん。向きが逆でした。

Essential Phone PH-1

Essential Phone PH-1

ピュアホワイトを買ったんですが、表は黒で統一されています。

Essential Phone PH-1

裏はこんな感じ。ロゴが一切ないデザインが良い。

表面はつるつるで裸のままだと滑り落ちそう。

Essential Phone PH-1

Essential Phone PH-1

右側の二つのぽつぽつが磁石になっていて、360カメラを装着できます。

カメラは出っ張りが無く完全に埋め込まれています。

Essential Phone PH-1

付属品。USBタイプCのケーブル(CtoC)、USBタイプCと3.5mmイヤホンジャックの変換ケーブル、ACアダプター、SIMピン、保証書が入っています。

本体がホワイトだと付属品もホワイトで統一してくれています。

Essential Phone PH-1

ケーブルは布巻きで太く耐久性がありそう。CtoCなのがちょっと不便なところ。

Essential Phone PH-1

早速起動。

Essential Phone PH-1

Essential Phone PH-1

言語を選びます。日本語対応。

Essential Phone PH-1

Essential Phone PH-1

Essential Phone PH-1

指紋を登録。

Essential Phone PH-1

起動!

Essential Phone PH-1

初期アプリはかなり少なく、余計なものが入っていないのが良い。

フロントカメラは上部ど真ん中にあり、これが好き嫌いが分かれるところ。

基本的にはステータスバーの中にあるような感じです。

本体のサイズはiphoneXとほぼ同じくらい。こちらの動画が分かりやすいです。

Essential Phone PH-1のベンチマーク

Antutu Ver.7だと20万超。ただVer.7はVer.6より数値が高めのようです。

Antutu Ver.6だと16~17万くらいと十分ハイスペック。

Essential Phone PH-1のディスプレイ

基本google系のアプリは上部ステータスバーを透過して表示してくれます。

Essential phone

ただそれ以外だと太めのステータスバーがカメラを隠すような感じ。

これはこれで見やすくて良いのですが、せっかくの大画面が活かしきれておらず、もったいない気がします。

GMD full Screen Immersive Modeというアプリを使えば、ステータスバーもナビゲーションバーも隠すことができました。

ただナビゲーションバーを隠したままでは文字入力のアプリが起動せず、うざったい。

一度ナビゲーションバーを表示させるとキーボードが出て文字の入力が可能になります。

GMD Full Screen Immersive Mode

GMD Full Screen Immersive Mode
開発元:Good Mood Droid
無料
posted with アプリーチ
スポンサーリンク

Essential Phone PH-1のカメラ

発売当初はかなり簡素なカメラアプリだったようですが、アップデートがありポートレートモードなど機能が追加されています。

下記にhonor8との比較を載せておきます。

※Essential Phone PH-1

※honor8

※Essential Phone PH-1

※honor8

正直あまり違いが分からないw

若干Essential Phone PH-1の方が色味が明るい気がします。

Essential Phone PH-1のネットワーク

自分はmineoのDプランを使っています。

調べたところドコモのプラチナバンド19は非公式ながら対応しているらしく、

今のところ不都合は一切無し。

Android の生みの親Andy Rubin 氏が立ち上げ米国企業Essential が 5 月末に発表し、最近ようやく一般発売が開始され、そして日本国内でも入手報告が上がり始めた、Essential 初の Android スマートフォン「Essential Phone(PH-1)」ですが、購入を迷われている方にとっ...

ドコモ、SB、auのVoLTEに対応済みなので、国内では全く問題なく使えると思います。

Essential Phone PH-1用アクセサリー

保護フィルムは基本どれを買っても多少端が浮いてしまうようですが、PDA工房のフィルムを買いました。

ケースはAmazonで安価なTPUケースを買いました。ケースをつけるとやはりずっしりきますし持ちにくい。

スポンサーリンク

Essential Phone PH-1を使ってみた所感

メリット

  • サイズがほんとにちょうどよくて最高
  • ロゴが無いベゼルレスなデザインも最高
  • カメラの出っ張りがない
  • サイズはコンパクトなのに画面が大きく、スナドラ835搭載

デメリット

  • ちょっと重い
  • バッテリー容量の少なさ
  • microSD非対応
  • カメラ性能が普通
  • フロントカメラを隠すためにステータスバーがぶっとい

まとめ

バッテリーが心許ない点、SDカード非対応、カメラの出来等は気になるところですが、

デザインや質感については文句無しの機種だと思います。

個人的に思うEssential phoneの一番良いところは、サイズ感。

ぶっちゃけ同じ価格帯なら、One Plus5Tの方がバッテリー持ちも良いしカメラ性能も良いし、

イヤホンジャック有と良いとこだらけでかなり迷ったんですが、

6インチサイズで本体がデカいのはどうしても嫌だったんですよね。

日本人の手に収まるギリギリのサイズ感でSnapdragon835搭載のハイスペック機というところがEssential phoneの魅力だと思います。

販売当初の価格は699.99ドルでしたが、現在は499ドルに割引されて販売されています。

正直5万円台であれば間違いなく買いだと思います。

最近でもアップデートも頻繁に行われているようなので、性能については今後に期待したいところです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

※2018/09/12追記

Essential Phone PH-1楽天モバイルIIJmioからついに発売を開始しました!

発売から一年でようやくw

価格は税別で楽天モバイル49,800円、IIJmio46,000円。

楽天は機種変更でWebで申し込みすると44,820円。

カラーはブラックムーン1色のみ。

米Amazonではかなり値下げされていますが、個人輸入は敷居が高い!という人は是非。

バージョンアップすれば最新の「Android 9.0 Pie」も使用できますよ!

米amazonはこちら↓

日本のamazonはこちら↓

スポンサーリンク

この記事をシェア