【4000円以下】高コスパ・高音質Bluetoothスピーカーおすすめ6選【2017】

この記事をシェア

Bluetoothスピーカー

今回はスマホやタブレットとワイヤレスで接続して、車内やお風呂で楽しめるBluetoothスピーカーの中から、4000円以下の価格で買える、コスパに優れ高音質なおすすめスピーカーを6つピックアップしてご紹介します。

とりあえずBluetoothスピーカーを試してみたいという方は、この中から参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

4000円以下で買える高音質でコスパの高いおすすめBluetoothワイヤレススピーカー6選【2017】

Anker SoundCore  Bluetooth4.0 スピーカー

  • サイズ・重さ  165 x 45 x 54 mm/約358g
  • 連続再生時間  約24時間
  • 出力: 3W×2
  • 防水 ×
  • 内蔵マイク 〇

Amazonランキング大賞2017上半期のポータブルスピーカー部門で第1位を獲得した大人気Bluetoothスピーカー

簡単操作でコンパクトなサイズ、24時間という驚異的な連続再生時間を誇ります。ただ防水ではないのが難点。

1,000円程高いですが、防水機能を追加、2つの高性能ドライバーで音質が強化された新モデルも発売されています。

レビューを比較

高評価

  • 24時間再生は秀逸
  • 音質はこの価格帯では一番
  • 低音は普通だが高音の抜けが良い

低評価

  • テレビの音声は聴きやすいが音楽はダメ
  • 低音が弱い
  • 再生開始や停止時にプツッとノイズが出る
  • USBの差込口が壊れやすい

やはりこのバッテリーの持ちの良さで高評価にしている方が多いですね。

実際24時間連続で聴くことなんてそうそうないでしょうし、一旦充電してしまえば数日は使えるとても使い勝手が良い商品だと思います。

低評価の印象としては、USB端子の不具合を言及している人が結構いました。

防水は無しでもいい、電池持ちが良く一番人気の商品が欲しいって方は、迷わずこのBluetoothスピーカーを選びましょう。

TaoTronics  TT-SK09 Bluetooth 4.1 スピーカー

  • サイズ・重さ  160 x 28 x 62 mm/約234g
  • 連続再生時間  約10時間
  • 出力: 3W×2
  • 防水 〇
  • 内蔵マイク ×

レビュー1,000件超とこちらも人気スピーカーです。上記のAnker Soundcoreと比べると、サイズが小さく軽量なところが〇。

再生時間は10時間と短いですが、特に気にならない方は上記商品より防水機能がついているこちらの方が良さそう。

レビューを比較

高評価

  • サイズが小さいのに音が良い
  • コスパとしては妥当
  • 音質はヴォーカルやJPOP向き
  • お風呂に持ち運べて便利

低評価

  • 液晶テレビ搭載のスピーカーより若干劣るくらいの音
  • 出力6wにしては音量が小さい
  • 低音が響かない
  • 音がこもる

低音が弱いという意見がチラホラ。まあこのサイズのスピーカーであればどの商品も低音については期待しない方がいいでしょう。

ただ基本スペックは十分に抑えているので、サイズの小ささを重視する方はこのBluetoothスピーカーがおすすめです。

Willnorn SoundPlus ポータブル Bluetooth 4.1 スピーカー

  • サイズ・重さ  143 x 43 x 53 mm/422 g
  • 連続再生時間  約24時間
  • 出力: 4W×2
  • 防水 〇
  • 内蔵マイク 〇

こちらもAnker Soundcoreと同じく連続再生24時間ですが、出力4W×2と大音量で聴くことができます。

防水(IPX5)、内蔵マイクも搭載で性能としてはかなり優秀。

レビューを比較

高評価

  • かなりしっかりした質感
  • 音量を絞ってもしっかり低音が出る
  • 音量をマックスにすると爆音

低評価

  • 重低音が結構出るために、音が潰れる
  • 音に雑味が多い

低音が出ることで高評価をつけている方が多い印象でした。やはり音量もかなり大きめのようです。

大音量で音楽を聴きたい方、少しでも低音がきちんと出るものを選びたいのであれば、このBluetothスピーカーがいいですね。

スポンサーリンク

Omaker M6 Bluetoothスピーカー

  • サイズ・重さ  143 x 43 x 53 mm/422 g
  • 連続再生時間  約12時間
  • 出力: 3.5W×2
  • 防水 〇
  • 内蔵マイク 〇

こちらのスピーカーも出力数が合計7wと高めで、最大音量は110db12時間連続再生が可能。もちろん防水機能(IPX5)も有。

TWS(True Wireless Stereo)機能を搭載しており、このスピーカーを2台買えば同時にペアリングしてステレオサウンドを楽しめる。

一般のBluetoothスピーカーの通信距離が10m以内のところ、このスピーカーは20m以内のスマホやタブレットと接続可能。動作も安定していて、自由に持ち歩きながら音楽を楽しめるそうです。

レビューを比較

高評価

  • アウトドアではスマホを持ったまま動き回るので、20mの通信距離はありがたい
  • 高音から低音までそこそこキレイに出る
  • 低音はこのサイズからすると頑張っている方

低評価

  • 最小音量が大きいため、就寝時に枕元に置いての使用は無理
  • ちょいちょい音が途切れる
  • 低音が薄く感じる

音質に関しては全体的にクリアなようです。通信距離が長いので特にアウトドアで使用する方にはおすすめですね。低評価自体が少なく、満足度は大きいようです。

DOSS SoundBox Bluetooth4.0ポータブルワイヤレスステレオスピーカー

  • サイズ・重さ  167x68x73 mm/- g
  • 連続再生時間  約12時間
  • 出力: 6W×2
  • 防水 ×
  • 内蔵マイク 〇

一番の特徴は総出力12w。今まで紹介したスピーカーでは一番大きい。臨場感があり迫力のあるサウンドを楽しめます。

上部のタッチセンサーで操作をする中々おしゃれな外観。ボタンの劣化が無くて良いですね。

カラーバリエーションも4種類あります。

レビューを比較

高評価

  • 動画の遅延が少ない
  • デザインは高級感があり堅牢なイメージ
  • タッチ式のスイッチで解りやすく確実な操作ができる
  • 低音はほどほどだがクリアな中高音

低評価

  • 12wの音を期待したが低音が軽い
  • 操作しにくい
  • タッチセンサーのLEDが消灯しない

上部のLEDが点灯しっぱなしのようで、人によっては眩しいと感じるかもしれません。

あまり有名でない中華メーカーですが、音質やデザインについては評価が高く、おすすめです。

JBLGOTEAL JBL GO Bluetoothスピーカー

  • サイズ・重さ  83 x 31 x 68 mm/130 g
  • 連続再生時間  約5時間
  • 出力: 3W
  • 防水 ×
  • 内蔵マイク ×

この商品はカラーバリエーションが7種類もあり可愛らしいですね。

ただしモノラルスピーカーなので今まで紹介したものより音質は悪いでしょう。

手のひらサイズでコンパクトなのが売りです。本当にスピーカーとしての機能は最低限で良いという人向け。

JBLは昔から世界のオーディオマニアの中で評価されている老舗スピーカーブランドですので、気軽にJBLのサウンドが楽しめるという意味ではおすすめ。

レビューを比較

高評価

  • 音のバランスがとても良い
  • 小さくてかわいくて、音も十分
  • モノラルだが、クリアなサウンド
  • 思ったより低音が強調される

低評価

  • 勝手に電源が切れる
  • 各楽器の音のバランスが悪い
  • 音量上げても低音はあまり効かない

ものによっては電源が勝手に切れる不具合があるよう。

音質については、まあ当たり前ですがこんなに小さい割には良いという評価がほとんど。

とにかくポップで可愛いデザインが良いという方は是非。

まとめ

4000円以下で買える、高コスパ・高音質なおすすめBluetoothスピーカーでした。

初めて購入する方は、一度安価なBluetoothスピーカーから試してみて、気に入ったら音質にこだわってみてもいいかもしれません。

コスパの高いBlutoothイヤホンについてはこちらにまとめていますので是非。

2000円台と超コスパなBluetoothワイヤレスイヤホンおすすめ5選【2018】
今回は、コードがかさばらずランニング等のスポーツにもおすすめなBluetooth(ブルートゥース)イ...

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事をシェア