皆大好き「美メロ」なおすすめ洋楽ロックバンドをまとめたよ

この記事をシェア

ピアノを弾いている男

どうも、BOBIです。

「美メロ」って聴くだけでなんかよだれが出てきませんか。

今回はバンドの特徴としてメロディーラインが肝で、全体的にバラード調な曲が多い洋楽バンドを集めてみました。

スポンサーリンク

美メロなおすすめ洋楽ロックバンドまとめ

The Fray

The Fray

2002年に結成されたアメリカ合衆国コロラド州デンバー出身の4人組ロックバンド。バンド名の由来は「Fray(口論)」から。彼らの代表曲とも言える「How To Save A Life」、「Over My Head (Cable Car)」で成功を掴み、現在もアメリカで非常に高い人気を誇っている。なお、同曲は第49回グラミー賞にて「ベスト・ロック・パフォーマンス賞」と「ベスト・ポップ・パフォーマンス賞」にノミネートされた(wikipedia

Over My Head

How to Save a Life

「How to Save a Life」は全米大人気ドラマ「グレイズ・アナトミー」の主題歌にもなりました。メロディー重視のバンドは、アルバムを出すに連れて似たような曲が増えて尻すぼみする傾向がある気がしますが、クオリティを保てている良バンドだと思います。

Eskju Divine

Eskju Divine

Let Me Lean On You

I can see the light

スウェーデン出身のバンド。2008年に活動停止しています。あまり知名度高くないっぽいんですけど、美メロな曲がいっぱいあるんですよ。

Kodaline

kodaline

アイルランドのオルタナティヴ・ロックバンドである。2012年にEP盤『The Kodaline EP』でデビューを飾り、2013年には1stアルバム『In a Perfect World』を発表している。アイルランドの公式アルバムチャートにて初登場1位を記録した。以前の名前は”21 Demands”。(Wikipedia

High Hopes

All I want

ど真ん中の王道バラードをこの時代にやってるのが潔い。

落ち込んでる時に聴きたくなりますね。イケメンなのがちょっと気に食わないけど

Copeland

copeland

アメリカ合衆国フロリダ州にて結成されたエモバンドである。
優しくて透き通るような歌声、そして美しくて繊細なメロディが特徴的。(Wikipedia)

The Day I Lost My Voice

Chin Up

どこをどう聴いても美メロ。繊細という言葉が似合う。

Copelandは決して明るい曲ではないけどめちゃくちゃ暗い曲でもなくて、ちょっぴり切ない系な曲が多くて好きです。

Keane

keane

キーン (Keane) はイギリス・イングランドのイースト・サセックス州バトル出身の男性4人組バンド。(Wikipedia)

She Has No Time

Bedshaped

こんなに綺麗なファルセットが出たら歌うの気持ち良いんでしょうね。

2013年に活動停止になっちゃいました。

Travis

travis

スコットランド・グラスゴー出身のロックバンド。デビュー当初はオアシスのフォロワー的な荒々しいサウンドだったが、セカンド・アルバム以降、内省的な歌詞にメランコリックな美メロ・バラードを持ち味とするバンドへと変貌し、レディオヘッドらとともに90年代後半のブリットポップ後のUKシーンの新たな潮流を作った。(Wikipedia

Closer

Turn

大御所バンドです。Travisはなんか良い人たちそうなところが好き。これ分かる人いるかな。

気合を入れて聴かなきゃってバンドいるじゃないですか。メッセージ性の強いバンドとか。こういう気分の時はこのバンドを聴くしかない、みたいな。

travisは違うんですよね。なんというかふとした時に、あTravis聴こう、みたいな。さらっと聴きたい。それでちょっと前向きになる気がする。

あとがき

美メロの洋楽ロックバンドまとめでした。またいい感じなバンドがあれば更新していきます!

メロディーが美しいエレクトロニカ編はこちらにまとめてますので是非。

哀愁漂うメロディーのエレクトロニカおすすめ名曲18選【作業用BGM】
今回は日本や北欧のエレクトロニカ・アンビエントアーティストの中から、もう永遠と聴いていられる...

UKロックは美メロバンドが多いですので是非。

【洋楽】UKロックのおすすめバンド超厳選80【90年代~2017】
今回はUKロックを大特集! その名の通りイギリスUKのロックです。歴史は古く今まで様々なムーブ...

最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク

この記事をシェア