リトルマーチンLXK2購入レビュー!LXM,LXME,LX1,LX1Eとの違いや評判は?

この記事をシェア

リトルマーチン

今回はマーチンのギター、リトルマーチン(Little Martin)を購入したので、

他の種類との違いや評判などからレビューをしたいと思います!

一言で言うなら、小さくて、安くて、音が良いギター!

コストパフォーマンス最強なギターですので、ぜひ購入を考えている方の参考になれば幸いです!

Martinとは?

マーティン (Martin、C.F.Martin & Co., Inc.) 社は、アメリカのギター・マンドリン・ウクレレメーカー。アコースティックギターのトップ・ブランドとして知られる。

ハンク・ウイリアムス、エルヴィス・プレスリー、ポール・サイモン、エリック・クラプトン、ボブ・ディラン、ジミー・ペイジ、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング、ニール・ヤングなど、列挙にいとまがないほど世界中のミュージシャンに愛用されてきた。(wikipedia

Martin(マーチン)はギターをやってる人なら誰でも知ってるレベルの歴史の長いアメリカのギターブランド。

アコギと言えばマーチンってくらいの有名メーカーです。

リトルマーチンとは?

リトルマーチン

マーチンは色々なアコギを製造していますが、その中でもリトルマーチンシリーズは、通常のアコギより小さいサイズが特徴。

それでいてマーチンの音がちゃんと出る。

あのエドシーランが使用していることでも有名です。

ショートスケールなので手が小さい女の人や子供の練習用に、持ち運び用に、かなり使い勝手の良いギター。

自分はちょっとソファーでポロンと弾く用に。

インテリアとしても部屋が映えますね!

リトルマーチンの種類と比較

種類カラー素材ピックアップ
LXMトップ=スプルース柄
サイド、バック=マホガニー柄
オールHPL×
LXK2全面コア柄オールHPL×
LX BLACK全面ブラックオールHPL×
LX1トップ=スプルース柄、
サイド、バック=マホガニー柄
トップのみスプルース×
LXMELXMと同じLXMと同じ
LX1ELX1と同じLX1と同じ

ボディは基本全てHPL(ハイ・プレッシャー・ラミネート)という環境に配慮した集成材を使用。

湿度や温度変化に強く、管理に気を付けなくても良さそうです。

LXMはトップにはスプルースの木目、サイド/バックにはマホガニーの木目がプリント。

LXK2はコア材の木目がプリント。

LX BLACKは全面ブラック。

この3種類は素材が同じなのでサウンドも同じです。

LX1はトップが他と違い単板のスプルース材なので、一番音が良いとされています。

なのでちょっと高い。

語尾にEがつくものはピックアップ付きのエレアコとなります。

通常のラインナップとは別にエドシーランモデルなんてものもあります。

自分は完全に見た目のかっこよさからLXK2を購入!

スポンサーリンク

リトルマーチンはどこで買えるの?

リトルマーチン

Amazonや楽天など大手ショッピングサイトでは購入可能でした!

もちろん石橋楽器などでも購入できます。

ちなみに自分は左利きなので、レフティモデルを探していたのですが、購入できるところが少なく、、

色々考えた結果、アメリカのAmazonで個人輸入しました。

転送サービスを使ったり関税がかかったり色々ありましたが、

その辺の事はまたいつか書きたいと思います。

とりあえず無事購入はできました!

LXK2

LX1

LXM

LX1E(ピックアップ付き)

LXME(ピックアップ付き)

リトルマーチン開封の儀!

リトルマーチン

シカゴから届きましたw

リトルマーチン

段ボールから取り出すと斜めった段ボールが。

リトルマーチン

徐々に姿を現すリトルマーチンちゃん。

リトルマーチン

ソフトケースに入ってました。

リトルマーチン

じゃん!

リトルマーチン

リトルマーチン

コア材のプリント柄ですがそんなことどうでもよい!どう見てもかっこいい!

リトルマーチン

見た目もそうですが正直触ってもプリントだなんて全くわかりません

リトルマーチン

リトルマーチン

リトルマーチン

リトルマーチン

リトルマーチンリトルマーチン

バックはこんな感じ。

リトルマーチン

リトルマーチン

ヘッドはこんな感じ。

リトルマーチン

ネックはこんな感じ。ポジションマークはなし

リトルマーチン リトルマーチン

リトルマーチン

フェンジャパのストラトと比べるとこんな感じ。

スポンサーリンク

リトルマーチンの良いところ、悪いところ

リトルマーチン

良いところ

一番はボディの小ささの割に鳴りが良いところ。

弾いてて気持ち良いという言葉がぴったりです。なんというか、ジャカジャカやりたくなる音。

音量はそこまで大きくないので、家で弾くのに最適。

あとルックスも最高。可愛いしかっこいい。別に弾かなくてもインテリアのために購入する価値あり。

ピックアップ無しなら5万円くらいで買えるので、手を出しやすい価格もグッド。

悪いところ

自分は指が短いので大丈夫ですが、長い指の方はフレットが狭いのでちょっと弾きにくいかもしれません。

あとポジションマークがないので初心者の方には少しハードルが高いかも。

まあ慣れれば問題ありません。

リトルマーチンの弦

購入者のレビューなど色々調べたところリトルマーチンの純正弦はミディアムゲージらしいです。

スケールが短いので、ライトゲージを張ると張りのないサウンドになるようです。

小さいのにマーチンサウンドを感じるためにはミディアムゲージを張りましょう。

リトルマーチンのレビューを比較

リトルマーチン

高評価

  • 毎日弾いて想い出そうと頑張れるギター
  • 小さいながら,ビッグな音。繊細な音がしています
  • 音量もそれなりにあり、音色は鈴鳴りのマーチン系の音色がちゃんと出ています
  • 小さいですが低音から高音まで音も大きく鳴りますし、全体のバランスもいい
  • ギターまったくの初心者ですが、サイズが小さめで扱いやすい

低評価

  • ネックの細さ、ボディの小ささは慣れが必要
  • ライトゲージの弦に交換すると極端に音色が悪くなりました
  • ネックが狭いせいか弦をおさえるのに正確さが必要
  • 同じ価格の国産標準ギターにはかなわない

大体感想は同じですねw

低評価はあまりなく、購入された方はほぼ満足してるようです!

スポンサーリンク

まとめ

リトルマーチン

以上リトルマーチンのレビューでございました!

買って損はない、コスパ最強のギターであることは間違いありません。

今後演奏動画などもアップしていきたいと思います。

小さくて、安くて、音が良いギター。ぜひチェックしてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事をシェア