90年代後半~00年代前半の日本のメロコアバンドを懐かしむの巻

この記事をシェア

スタジオで練習しているバンド

僕が中学高校くらいの時はメロコアブーム全盛期でした。みーんな聴いてた。

TSUTAYAでCD借りてMDに録音して、一曲一曲コンポで曲名入れて、裏にも曲順書いたり。

今考えるとすごく面倒くさいことをチマチマやってましたね。でも音楽を聴くことに一生懸命だったんだなあと思います。

色々当時のバンドの事を調べてたら、現在も結構活動中のバンドがたくさんあって驚きました。今も変わらず追い続けてるファンの方には自分が無知すぎてなんか申し訳ない。

まあということで、今回はアラサーなら必ず反応する90年代後半~00年代前半に流行った懐かしのロックバンドをまとめて紹介します。

一緒に懐かしみましょう!

スポンサーリンク

90年代後半~00年代前半に流行った日本のロックバンドまとめ【メロコア、パンク】

Hi-STANDARD

もちろんメロコアの頂点に君臨するこのバンドから。2000年に活動休止になりましたが、すったもんだあって2011年に再結成。ここ最近はAIRJAMやったり音源出したり結構精力的に活動してるみたいですね。

僕が高校でギター始めたばかりの時、STAYGOLDのリフを猛練習して友達に聞かせてみたら、

「ガチャガチャ言ってるけど何の曲?」って言われた悲しい思い出。

Summer of love、Starry night、Close to me、Mosh under the rainbowが特に好きでした。

BRAHMAN

BRAMANは今でも現役バリバリですね。

ライブのSEのブルガリア民謡がかっこいいんですよね。

当時BASISの着メロがどうしても欲しくて着メロサイトに毎日投票してたら、翌日に配信されたのがめちゃくちゃ嬉しかった。(どうでもいい)

僕が以前東京の某町に住んでた頃、ボーカルのTOSHI-LOWさんもその界隈に住んでたらしくよく見かけてた。富士そばで僕の隣で食ってたのには驚きました笑(さらにどうでもいい)

HUSKING BEE

2005年に解散後、2012年にAIRJAM2012で再結成し今も活動中です。

ハスキンと言えば、僕はやっぱり欠けボタンの浜。AIRJAM2000のビデオでこの曲の部分だけ巻き戻して何回も見てました。

アジカンもこの曲カバーしていましたね。

KEMURI

2007年に解散後、ハスキンと同じく2012年にAIRJAM2012で再結成してます。

ライブ動画を今見てもめちゃめちゃ盛り上がるんですよね。Ato-ichinenのイントロでうおおおおってなります。

動画は僕が一番好きなPlayerにしました。他にもOhichou、Kanashimiyo、in the perfect silence、Mangetsu No Yoru Ni Hanaとかああ懐かしい。

スポンサーリンク

SNAIL RAMP

あえて全盛期後期のアルバムからチョイス。

脱退やら色々あって2015年に活動休止しています。

MIND YOUR STEPのギターが難しくて挫折しました。AKIOのギターは初心者のキッズにはかなり難易度高かったのを覚えています。

ベースのTAKEMURAは、43歳にしてキックボクシングの日本チャンピオンになったんだと。

何やってんだ笑 バンドしてくれ笑

B-DASH

B-DASH今年2月に解散しています。まだやってたんだ!ってなりましたごめんなさい。

僕はボーカルのGONGONのバンドマンなのにすっごく普通な風貌がすごく好きでした。

MONGOL800

現在も活動中。ボーカルの清作さんは昔はもっとシュッとしてたのに、今なんとゆうかパンパンになってますね驚いた笑

このバンドの当時の人気はものすごかった。バンド好きとか関係なく皆聴いていましたね。モンパチといえばメッセージっていう人多いと思うんですけど、僕は1stの方が懐かしい。

Message発売後、清作さんは沖縄の高額納税者ランキングに入ったそうです。インディーズってすごい。この頃ってまだ二十歳とかですよ?

そのままフェードアウトして隠遁生活にならないのがすごい

GOING STEADY

2003年に解散しています。その後ギターを除くメンバーで銀杏BOYZとして活動。その後ボーカルの峯田和伸以外は脱退し、今はメンバーは一人のようです。

いわゆる青春パンク。当時ブルーハーツにどはまりしてた僕は、友達から教えられたゴイステにこれまたどはまりしました。

スポンサーリンク

NUMBER GIRL

2002年に解散しています。ボーカルの向井秀徳は現在ZAZEN BOYSとして活動中。ギターの田淵ひさ子はその後bloodthirsty butchers、LAMA、磯部正文BANDで精力的に活動しています。

ジャンルとしてはオルタナティブ、ギターロックになるんでしょうか。

初めて見た時、普通のおっさんがものすごいシャウトしてる絵面が異様でびびりました。

若い頃の性的衝動が蘇る早さたるや。老けたなって思います

THE MAD CAPSULE MARKETS

日本のミクスチャーロックの元祖。2006年に活動休止しています。ベースの上田剛士は現在AA=として活動中、ボーカルのKYONOはWAGDUG FUTURISTIC UNITYで活動中。
ちょっとカテゴリ違いな気もしますが、あの頃流行ったバンドだからいいか。
年齢的に僕にとってのマッドは後期のデジタル化後なんですよね。僕はここからレイジやらリンキンやらと海外のミクスチャーロックも聴くようになりました。

SUPERCAR

2005年に解散しています。中村弘二はソロ名義のNYANTORA、iLLや、ベースのフルカワミキとLAMAとして活動。ギターのいしわたり淳治は9mmやチャットモンチーのプロデューサーとして数多くのアーティストを手掛けています。

僕が電子音楽にはまるきっかけになったバンド。バンド音楽しか聴いていない耳にはとても新鮮でおしゃれで衝撃的だった。今聞いても全く色褪せてないですね。

くるり

メンバーチェンジが趣味のバンド。現在も活動中。

くるりを聴くと泣きそうになるんですよね。僕は切ない曲が昔から大好物です。

あとがき

あまり載せると重くなりそうなのでこれくらいで。

流行ったって言っても、僕が思い入れがあんまり無いバンドは載せてないので「あのバンド入ってねーぞ!」って方はごめんなさい

現在はWANIMAってバンドが若い子に人気ですね。初めて聴いた時は驚きました。The メロコア。ぼくらが15年前に聴いてたメロコア。

ズッタンズズタンの2ビートにパワーコード、ブリッジミュート、オクターブ奏法。スリーピースのベースボーカル。

いやあ時代って変わらないもんですね笑

まとめてたら懐かしさが止まらなくなったので、GWは実家に昔のMDを漁りに帰省します。

スポンサーリンク

この記事をシェア