東京-福岡間の一番格安な移動手段は?飛行機、新幹線、バスなど交通機関を比較!

この記事をシェア

飛行機

僕は地元が福岡なんですが、上京して東京で働き、最近東京から福岡へと移住してきました。

東京には7年間住んでおり、その間帰省の度に何度も東京-福岡間を様々な移動手段を使ってきました。

今回は主要な交通機関の飛行機、バス、新幹線などを比較し、どれが一番格安で移動できるかをまとめてみましたので、久しぶりに帰省する方、初めて福岡へ旅行に行く方は是非ご覧ください!

スポンサーリンク

東京-福岡間の移動手段①飛行機

所要時間:約2時間

まあ第一に考えるのが飛行機ですよね。

今では色々な航空会社があって、正直どれを選んだらいいのか分からない人も多いと思いますので、主要な航空会社を運賃が格安な順で紹介していきます。

①LCC(格安航空会社:ジェットスター、ピーチ)

ジェットスターは日本国内、アジア太平洋地域の60都市以上に就航するLCCです。 ジェットスター公式サイトでは、毎日お手頃な価格の航空券を予約・購入できるほか、おトクなセール情報もご提供しています。 行きたい時にいつでも、もっと気軽に空の旅を楽しむなら、ジェットスター。
Peach(ピーチ)は、関空を拠点に国内・国際線を運航する日本初のLCCです。お手頃な運賃で、気軽な空の旅を実現します。沖縄や首都圏からの路線も拡大中。PCサイトやスマートフォン向けのサイトにて航空券を予約・購入していただけます。

僕みたいな貧乏人には非常に重宝しました。もう本当に安い。時期によっては、片道5,000円くらいで行けちゃいます。

でも機内は狭いしお世辞にも快適とは言えませんが、たかだか2時間くらい我慢するだけですので、僕はジェットスターばかり乗っていました。

ただ一つだけ人によっては困る事が、基本成田空港発なんですよね。

都心部に住んでた僕は自宅から成田まで行くのに、まず電車で東京駅まで行き、そこから一時間バス(片道1000円)を乗り継いで空港へ向かう必要がありました。

結局空港までに片道2時間くらいかかり、そこから飛行機に乗ることになるので結構大変。

それでもJALやANAを使うよりは合計の費用は断然安いので、金銭面だけでを考えるのであればLCCが間違いないでしょう。

あと機内での飲食サービスや座席指定、大きな荷物を預ける事など、これら全てオプションで有料なので、快適に過ごそうとすると逆に高くついてしまう可能性もあります。

宿泊ツアーの場合

主にジェットスターで宿泊ツアーやを航空券を予約したい方はTトラベルがオススメ。予約でTポイントが貯まったり、宿泊にTポイントが使えたりするので、Tポイント使いの方は是非。

②スカイマーク



スカイマークは格安の航空会社が出てくる前から東京-福岡間での運行があり、よく利用していました。

ただ以前は東京-北九州間も運行していたのですが、今現在は廃止になっており東京-福岡だけのようです。

宿泊ツアーの場合

ホテル+飛行機がセットになったスカイパックツアーなんてものもあります。

出発5日前まで予約OKだったり、初泊以外の宿泊や飛び泊も可能だったりでオススメです。


③スターフライヤー

航空券の予約・購入、空席や運賃の照会はこちらから。スターフライヤー(SFJ)は全便・全席レザーシート&座席が広く、全席モニターと電源付!キャンペーンやマイレージのご案内などプレミアムでリーズナブルな空の旅をお届けします。

ここはスカイマークよりちょっと高めなくらいです。

機体が真っ黒でかっこいいし、車内も黒を基調としていてラグジュアリー感があります。

2時間もかからないフライトなのにコーヒーとチョコを出してくれる事もあったり。

東京-福岡間以外に、東京-北九州間も運行していますので、北九州に行きたいならスターフライヤーが使い勝手が良いと思います。

④JAL、ANA

JAL国内線。国内線航空券の予約・購入をはじめ、スケジュール照会、空席照会、運賃案内などをサポート。先得割引などお得な割引運賃がご利用いただけます。
「ANA公式サイト」航空券の予約・購入、空席・運賃の照会などはANAのホームページで。国内航空券・海外航空券のほか旅行商品・ツアーの予約・購入も可能マイレージクラブ入会案内もご用意しております。

飛行機といえばJALANA

LCC(格安航空会社)と比べるとかなり割高なんですが、昔はこれが当たり前でしたね。

今となってはかなり割高に感じてしまうのも事実。

でも座席が広かったり、機内サービスの充実さなどを考えれば、快適なフライトになる事は間違いないでしょう。

宿泊ツアーの場合

JALを利用して国内ツアーを予約するならJALパックがオススメ。

JALグループのサービスで、JALダイナミックパッケージというサービスは往復航空券+宿泊施設+レンタカーなどのオプションがWEB予約でが可能で、自分だけのオリジナルツアーを組む事ができます。


ANAを利用して国内ツアーを予約するならスカイツアーズがオススメです。

運賃の比較

仮に本日2017/7/3に、月末金曜日の7/28の片道予約(時間指定無)をした場合の料金をシミュレーションしてみました。

ジェットスター9,670円
ピーチ12,330円
スカイマーク13,790円
スターフライヤー15,490円
JAL23,190円
ANA14,840円

ANAが思いの外安いのがびっくりです。やっぱりジェットスターが一番格安ですね。

もちろん当日までの日数や、繁忙期、予約状況で料金は大きく変動します。

スポンサーリンク

東京-福岡間の移動手段②新幹線

所要時間:約5時間

新幹線は乗り心地は一番快適かもしれません。のんびり旅行を楽しみたい方向け。

東京-博多間は、エキスプレス予約というサービスのEXファミリー早特であれば片道17,000円(普通車、指定席)で行けちゃいます。

他にもエクスプレス予約なら割引が様々あるので新幹線を利用したい方は必ず使うべきです。

エクスプレス予約とは

東海道・山陽新幹線をお得に利用できる会員制のWEB予約サービス。

エクスプレス予約の会員になるには、「JR東海エクスプレス・カード」または「JR西日本J-WESTカード(エクスプレス)」という指定クレジットカードの入会が必要です。

宿泊ツアーの場合

宿泊も希望する場合は、新幹線とホテルがセットになったツアーを選ぶと良いです。

個別で予約するのは面倒ですし、何より割引が効きますのでお得。


東京-福岡間の移動手段③高速バス

所要時間:約15時間

バスはとにかく着くまでが長すぎてしんどい。

しかも基本夜行バスしかないので、寝たいんですけど人のいびきが気になってなかなか眠れなかったりします。

僕は何度か乗ったことがありますが、せっかく帰省したのに移動だけで疲れ果ててしまいました。

寝ている間に着くので、どこでも寝られるって人にはいいかも。

オリオンバスはかた号などがあります。片道運賃は大体8,500〜15,000円くらい。

予約するなら楽天トラベルを使うとすぐに調べられます。

正直運賃は飛行機とそこま大差がないですし、圧倒的に所要時間が違いますので、コスパが良いとは言えないですね。

飛行機や新幹線で予約が取れず、やばいどうしよう!って時の最終手段として考えておけばいいかと思います。

東京-福岡間の移動手段④自動車

車の中

所要時間:約14時間

これはかなり無謀ですw

僕は一度だけ友達と2人で帰省した事がありましたが、まあ長いしきついし運転飽きる。運転は交代しながらでしたがそれでもめちゃくちゃ疲れました。

高速代がETC割引で片道約15,000円くらい。+ガソリン代も結構かかります。

正直割りに合いません。

どうしても自分の車でないと嫌だ!って方以外はオススメできません。

まとめ

東京-福岡間で移動手段のまとめでした。

安さだけを考えると、LCC一択!間違いありません。

快適性を求める方はJALANAを。

北九州に行きたい方はスターフライヤーを。

のんびり旅行気分を味わいたいって方は新幹線を。

時間がかかっても良い方は高速バスを。

茨の道を進みたいMっ気のある方は自動車を。

福岡はとてもいい街なのでぜひ一度お越しください!

福岡に移住したい人は、東京と福岡の食の違いを知っておくといいかもしれません。

東京から福岡に移住して感じた食に関する9つの違い
僕は最近東京での仕事を辞めて、福岡市へと移住してきました。 福岡自体は地元なんですが、福岡市内...

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事をシェア