【コスパ最強3000円】Xiaomiのおすすめイヤホンレビュー【Mi In-Ear Headphones Pro HD】

この記事をシェア

Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD

今回はXiaomiのイヤホン、

Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HDをレビューします!

Xiaomiと言えば、日本進出はしておらずまだ国内では馴染みが無いですが、

海外ではコスパに優れた高品質スマホを作るブランドとしてかなり有名な中国企業。

同じ中国企業でHuaweiは格安スマホで日本でも名が知れていますが、Xiaomiはライバル企業のような存在。

スマホだけでなくタブレットやノートPCも安くて高性能な製品を次々と出している注目の企業です。

そんなXiaomi「このスペックでこの値段は異常」と噂のイヤホンについて、オーディオ素人の自分ですが素で聴いてみて感じた事を書きましたので、ご参考いただければ幸いです!

提供先:GEARBEST

スポンサーリンク

Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HDをレビュー

『Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD』スペック

Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD

  • ドライバー:バランスドアーマチュアドライバー+デュアルダイナミックドライバー
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:98㏈
  • 周波数:20-40,000Hz
  • コード長:1.25m
  • プラグ:3.5mmステレオミニイヤホンプラグ
  • 重さ:17g
  • マイク:〇
  • ハイレゾ対応

公式サイト曰く、

デュアルダイナミックドライバーは大小二つに分かれています。大きなダイナミックドライバーは低いオーティオ範囲を、小さなダイナミックドライバーは高いオーディオ範囲をそれぞれ処理しています。このデュアルダイナミックドライバーと、バランスドアーマチュアドライバーが組み合わさることで、音の持つ本来の表情を余すこと無く再現できます。

だそう。

ちなみに同じトリプルドライバーのSONYのハイレゾ対応イヤホンXBA-300はAmazonでは25,000円に対し、こちらは3,000円切りますw

さらに、ダイナミックドライバーにはグラフェンコート振動板というものを採用しているとのこと。

低音域、中音域で優れた音を出すために新素材であるグラフェンの二重ダイヤフラムを使用。音の細部まで表現し、穏やかな低音を実現しました

グラフェンは、音を素早く伝達することができるとても硬くて薄い物質なため、ひずみの原因となる振動板の不要な分割振動を抑制し、クリアな音を実現します。

とにかく良い材質を使用していることはわかりますw

『Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD』開封の儀!

Xiaomi イヤホン Mi In-Ear Headphones Pro HD

若干箱の角がつぶれていましたが、Hi-Res Audio(ハイレゾ対応)の表記。

Xiaomi イヤホン Mi In-Ear Headphones Pro HD

開けるとこんな感じ。

Xiaomi イヤホン Mi In-Ear Headphones Pro HD

中身はこんな感じ。とても3000円とは思えないパッケージです。

Xiaomi イヤホン Mi In-Ear Headphones Pro HD

サイズの異なるイヤーピースがケースの中に収められています。ちなみに

本体にはMサイズが初めからつけられていました。

Xiaomi イヤホン Mi In-Ear Headphones Pro HD

Xiaomi イヤホン Mi In-Ear Headphones Pro HD

収納ポーチつき。

Xiaomi イヤホン Mi In-Ear Headphones Pro HD

本体はこんな感じ。高級感溢れる質感で安っぽさを感じさせません。

Xiaomi イヤホン Mi In-Ear Headphones Pro HD

Xiaomi イヤホン Mi In-Ear Headphones Pro HD

リモコン付き。

『Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD』のフィット感、デザイン

Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD

付け心地はどこにでもあるカナル型と比べて大差はないと思いますが、しっかりと耳穴にフィットしてくれます。

デザインにもかなりこだわっているようで、公式サイト曰く、

まったく新しいデザイン
良いイヤホンは、良い音だけではなく、アクセサリーのようなデザイン性も兼ね備えています。
Mi Earphone ProHDは、自然な音楽を届けるために45度の角度のついたインイヤーデザインを採用。より快適に耳にフィットするようにしました。

人体工学に基づいた設計思想
45度、これは人体工学に基づき外耳道の形状に合わせて導き出されています。耳にぴったりとフィットするので、環境音などのノイズに邪魔されることなく音楽に没頭できる設計です。

だそう。

確かにポロっと取れてしまうこともなく、聴いている時に位置を調整しなくてもちょうどいい角度で音が入ってきます。

コード部分はTPEという素材で、安いイヤホンのような絡みやすい質感ではなくさらっとした質感。耐久性もありそう。

リモコン部分も軽いので、片方だけ外れやすいといったこともありません。

遮音性も十分。

Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD』の音質

Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD

音の解像度が高い

個人的な感想ですが、一聴して感じたのはくっきりと音が聴こえます。

くっきりと言う表現が一番合うと思う。

なんというか、ぼやけてないんですよね。ダイレクトに音が伝わってきます。

キラキラ高音域

高音域が目立ちます。かなり明るい印象。

サ行が若干気になると言えば気になりますが、言うほどでもないです。

よく言われているようにいわゆるドンシャリ系だと思います。ボーカル曲向き。

控えめな低音

低音はそこまで感じません。ヒップホップやハードロックなんかには迫力が無く物足りないかも。

ただ全くないわけではなく十分量ではあるので、普段使いには疲れない範囲でちょうどいいかと思います。

レビューを比較

高評価

  • 聴きこむことで高音もまろやかになり、全体的にバランスが良い音
  • ドンシャリ感があり、ポップス向き
  • 音質がクリアー、且つ再現度が高い
  • ハイレゾ音源をバッチリ再生でき、原音に忠実
  • 1BA+2DDの構成で2000円台はかなり安くコスパがいい

低評価

  • シンバルやサ行の刺さりがかなり強い
  • 低音域が思った以上に弱い
  • 音漏れが若干ある

低音の弱さは好みによると思います。

自分は低音の出が強いと疲れるので、これくらいがちょうどよかった。

高音についてはエージングすることで

マイルドになるようなのでこれから聴きこみます!

スポンサーリンク

 まとめ

Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD

国内で3000円くらいの安価なカナル型イヤホンを買うのであれば、こちらを買った方がコストパフォーマンス的には間違いないと思います。

同じ価格帯の国産イヤホンと比べてみましたが、オーディオおたくでもなんでもない自分でも、音の違いは明らかに分かりました。

一番はやはり音の情報量、緻密さと言うんでしょうか、語彙が足りなくてすいませんw

とにかく細かい音まではっきりと聴こえてきます。

今まで安いイヤホンを使っていて、ちょっと音の違いが分かるレベルのイヤホンを試してみたいという方にはおすすめです!

25ドル程度なので3000円を切る価格で買えちゃいます。

ご購入は以下からどうぞ。送料無料も選べます。

販売ぺージはこちら!Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD

海外通販は敷居が高いという方でもGEARBESTは簡単に購入できます。

購入方法は様々なサイトで説明がされていますので、ご参照ください!

今話題の海外大手通販サイト「GEARBEST」の登録方法から、買い方まで徹底解説しています。日用品からガジェット、アウトドア製品など、ラインナップは非常に幅広いです。一度覗いてみることをおすすめします!
激安中華ガジェット通販サイトGEARBESTでの買い方を紹介します。送料や支払い方法の解説の他、実際に購入した評判やトラブル相談なども

最後までご覧いただき、ありがとうございました!