自分の好きなことを仕事にするのは無理?必須な考え方【好きな事が分からない人】

子供が遊んでいるマインドセット
  • 自分の好きなことで生きていきたい、収入を得たい
  • でもそもそも好きなことが分からない、見つからない
  • 好きことはあっても、人より特別好きなわけではない
  • それでもyoutuberみたいに、自分の好きなことで生きていきたい

 

今回そんな悩みを抱えてどうしていいかわからない人のために、

自分の好きなことを仕事にして生きていくために、必要なこと・考えるべきことをお伝えします。

 

今回インプットしたのは、

バイヤー、実業家、ブロガー、作家、YouTuber等様々な活動で有名な、

MBさんの動画です。

 

個人的にとても感銘を受けたので、

自分なりに落とし込んで、アウトプットしていきます

「好きな事が分からない」好きを見つける方法とは?【MBの親切すぎるお悩み相談部屋】
スポンサーリンク

自分の好きなことを仕事にするために必要な考え方とは【好きな事を見つけるには】

  1. 好きな事が何か、時間を使って考えて見つける(金銭的に自由な状態でもやりたい事)
  2. その好きな事と、社会の欲求との交差点を考え、トライアンドエラーを繰り返す

 

これだけです。簡単に言ってますが、これを実現することはとてつもなく難しい事だと思います。

 

「好きなことを仕事にする」ということは、時代の波にうまく乗る等、もちろん運の要素も必要ですが、

基本的にそれ相応のとてつもない努力が必要です。

成し遂げたいなら、好きな事について真剣に考えて、本気で行動しないといけません。

 

今から説明する内容で間違えて解釈してほしくないのは、

あくまで好きなことで生きていくための考え方なので、金銭的な自由を得る方法ではありません。

 

好きなことを続けて、それを収入にして生きていくために考えるべき事です。

それではひとつずつ深堀りしていきます。

 

1.自分が好きな事が何か、きちんと時間を使って考えて見つけ出す

絵具で遊ぶ子供

まずここでつまづく人が大勢いると思います。

確かに好きなことを見つけることって、人によってはとても難しいです。

 

特に大人になってからだと、今までの人生の中での先入観や社会常識など、

様々なバイアスがかかってるので、そこを取り除いて純粋に好きだと思う事を見つけるのは難しい。

 

自分の好きな事の見つける考え方のヒントは、

お金を稼げる・仕事になるとか、他人の目線、社会常識など、そういう事を一旦忘れて、

本当に単純に、自分がほんのちょっとでも好きと思える事柄はなんでしょうか?

 

  • 子供のころに好きだったこと
  • 大人になった今でも続けていること
  • 何らかの理由でもう辞めてしまった、諦めたこと
  • 時間があればやってみたいこと
  • 疲れててもやりたいこと
  • お金があってもなくてもやりたいこと

 

こういった部分について内省し、自問自答し、本当は自分が何が好きかを、きちんと時間を使って考えます。

簡単に見つかる人もいれば、考えたって中々これというものが見つからない、

という人ももちろんいると思います。

 

思考のキーポイントは、「お金があってもやりたいと思えること」

金銭的な悩みから解放された妄想は、誰しも一度は考えたことがあると思います。

その状態でも、あなたがやっている事は何ですか?

そこを突き詰めてみましょう。

 

それはゲームするでも、寝るのが好きでも、

自分が好んでやりたいと思うものであれば、なんだってかまいません。

人に迷惑がかかることや犯罪はもちろんだめですが。

 

どうしても見つからないという人は、好きまではいかなくても、

それをやることで、自分自身にとって何かしらプラスに働くものを探します。

 

スポンサーリンク

2.自分の好きな事と社会の欲求との交差点を考え、トライアンドエラーを繰り返す

電球

自分の好きなことが見つかったら、

今度はその好きなことをどうやってビジネスにするか、を考える必要があります。

 

「好き」という事は、人によってそれぞれ好きの度合があり、

同じことが好きな人の中でも、圧倒的に突き抜けている人は、

それだけで独自性があり、好きの度合が強いだけで生きていける可能性が高いです。

 

例えば絵がとにかく好きで何時間でも書いてられる人なら、

練習も苦にならないし、努力を努力とも思わず、ただ好きな事をやるだけでどんどん上達する。

マンガ家やイラストレーター、美術教師など、

それだけで生きていける可能性は高いという単純な理屈です。

 

ただほとんどの人は、

好きなものはなんとなくあるけど別に他人と比べて秀でてるわけでも無いし、

他人より絶対にこれが好き!と強く言える程の自身も熱意も無い、

という状態が多いと思います。

 

そういう人がその「好き」に付加価値をつけて周りと差別化して、ビジネスにするためには、

自分の好きなことについて、社会に対してチューニングをすることが必要だと、MBさんは語ります。

 

自分の好きなことの領域と、社会が求めている領域(他人が喜ぶ事や、価値のある事)

その交わっている部分を探求する必要があります。

そこがビジネスになる部分です。

 

例えば、サッカーが好き、得意だけど、プロになれるほどの技術はない、

そういう場合なら自分の好きな事と、社会の欲求との交差点を探して、

スポーツバーを経営する、サッカーコーチになる、というような事です。

 

ようするに、ただ好きなだけでは仕事にならないので、分の好きと、他人の欲求とが交差する部分まで、

調整して合わせていくという方法論です。

 

スポンサーリンク

自分の人生を左右するとても大きな事なのだから、「ながら」で考えてはダメ

PCを見る女性

ここはMBさんの話していた事で個人的に一番感銘を受けた部分なのですが、

 

あなたは自分の人生において成し遂げたい事、叶えたい事について、

その事だけを真剣に考えたことはありますか?

 

人生を左右するとても大事なことなのに、

お風呂に入りながら、テレビを見ながら、何かをしながら、考えていては

良いアイデアは生まれません。

 

そんな自分も若い頃にバンドをやっていたころは、

なんとなくバンドで生きていきたいと思って、何年も活動していましたが、

お金を得るために何が必要か、今何が足りなくて、どうやって集客をすればいいか、

等と論理的に考えたことは一度もなかったと気づきました。

 

一日一時間、時間を作って考えよう

一日一時間、机に向かって、PCを前にして

本当は自分が何が好きなのか、そのために社会にどう当てはめればいいのかを、

考える必要があります。

 

MBさんもビジネスで成功する前は、その時間を作ってコツコツと考えてきたそうです。

 

そうやって一日一時間を一か月かけて真剣に考えて、

何一つ答えがでてこないなんて事はあり得ないとMBさんは言います。

 

そして時間をかけてこれだと思ったものを決めて、行動して失敗して、

それでも試行錯誤を繰り返して、時間をかけて、自分なりの方法でビジネスを構築していくのです。

 

自分の好きな事を仕事にする勇気

自分の好きではない事を仕事にして生きている人が大半の世の中です。

むしろその生き方で幸せな人もたくさんいます。

 

それでも好きなことを仕事にしたいという考えは、

とても勇気のあることであり、挑戦しようと思うだけでも、

とても素晴らしい事と思います。

 

自分の好きな事を仕事にするためのは、

それ相応の考える時間や努力、行動力が必要ですが、

 

こういう考え方をもって取り組むと良いよというお話でした。

何か考えるヒントになれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!