【2022】新型iPad第10世代とiPad Air 5どっち買う?|違いを徹底比較してみた

【2022】新型iPad第10世代とiPad Air 5どっち買う?|違いを徹底比較してみた

今回は2022年10月に発売された、無印の新型iPad(第10世代)iPad Air(第5世代)について、価格やスペック等あらゆる違いを徹底比較いたしました!

丁寧に細かく解説していきますので、ぜひ比較検討の参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

【2022】新型iPad第10世代とiPad Air(第5世代)を比較した主な違い

iPad第10世代

まずは初めに、新型iPad(第10世代)とiPad Air(第5世代)を比較した上での、主な違いを載せておきます。

新型iPadとiPad Air 5の主な違い

  • iPad第10世代は68,800円~、iPad Air 5は92,800円~
  • ディスプレイは10.9インチで同サイズ、細かい性能はiPad Air 5が上
  • 筐体サイズは微差、iPad Air 5の方が軽い
  • 双方USB-CだがiPad 10はUSB 2.0規格(480Mbps)、iPad Air 5はUSB 3.1 Gen 2(最大10Gbps)
  • iPad 10はiPad Air 4と同じA14 Bionic、iPad Air 5はM1チップ
  • メモリは倍の差(4GBと8GB)
  • カメラ機能に差は無し、フロントカメラ位置がiPad第10世代は横向き
  • Apple PencilはiPad第10世代→第1世代、iPad Air 5→第2世代

【2022】新型iPad第10世代とiPad Air(第5世代)のスペックを徹底比較

iPad
(第10世代)
iPad Air
(第5世代)
発売日2022年10月26日2022年3月18日
価格
Wi-Fi
64GB:68,800円
256GB:92,800円
64GB:74,800円
⇒84,800円
(2022年7月1日~)
⇒92,800円
(2022年10月19日~)

256GB:92,800円
⇒106,800円
(2022年7月1日~)
⇒116,800円
(2022年10月19日~)
価格
セルラー
64GB:92,800円
256GB:116,800円
64GB:92,800円
⇒106,800円
(2022年7月1日~)
⇒116,800円
(2022年10月19日~)

256GB:110,800円
⇒128,800円
(2022年7月1日~)
⇒140,800円
(2022年10月19日~)
カラーシルバー
ブルー
ピンク
イエロー
スペースグレイ
スターライト
ピンク
パープル
ブルー
ディス
プレイ
10.9インチ
Liquid Retina
ディスプレイ
10.9インチ
Liquid Retina
ディスプレイ
解像度2,360 x 1,640
264ppi
2,360 x 1,640
264ppi
最大輝度500ニト500ニト
ディス
プレイ
機能
耐指紋性撥油
コーティング
True Tone
ディスプレイ
耐指紋性撥油
コーティング
True Tone
ディスプレイ

フルラミネーション
ディスプレイ
反射防止
コーティング

広色域
ディスプレイ
リフ
レッシュ
レート
60Hz60Hz
本体
サイズ
248.6×179.5×7
mm
247.6×178.5×6.1
mm
重量Wi-Fi:477g
セルラー:481g
Wi-Fi:461g
セルラー:462g
バッテリー28.6Wh
リチウムバッテリー

Wi-Fiでのネット利用
ビデオ再生:
最大10時間
28.6Wh
リチウムバッテリー
Wi-Fiでのネット利用
ビデオ再生:
最大10時間
充電端子USB Type-CUSB Type-C
チップA14 BionicApple M1チップ
メモリ4GB8GB
カメラ
機能
背面:
12MP/F1.8

前面:
12MP
超広角/F2.4
背面:
12MP広角/F1.8

前面:
12MP超広角/F2.4
ビデオ
機能
4K/60fps4K/60fps
Apple
Pencil
第1世代第2世代
5G対応
スピーカーステレオステレオ
マイクデュアルマイクデュアルマイク
認証Touch IDTouch ID
Bluetooth5.25.0
Wi-FiWi-Fi 6
802.11 a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi 6
802.11 a/b/g/n/ac/ax
対応
キーボード
Magic Keyboard FolioSmart Keyboard Folio
Magic Keyboard

まずは全体のスペック比較表がこちらになります。ここから詳しくスペックごとの違いを比較していきます。

【2022】新型iPad第10世代とiPad Air(第5世代)の価格比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad Air
(第5世代)
価格
Wi-Fi
64GB:68,800円
256GB:92,800円
64GB:74,800円
⇒84,800円
(2022年7月1日~)
⇒92,800円
(2022年10月19日~)

256GB:92,800円
⇒106,800円
(2022年7月1日~)
⇒116,800円
(2022年10月19日~)
価格
セルラー
64GB:92,800円
256GB:116,800円
64GB:92,800円
⇒106,800円
(2022年7月1日~)
⇒116,800円
(2022年10月19日~)

256GB:110,800円
⇒128,800円
(2022年7月1日~)
⇒140,800円
(2022年10月19日~)

まずは価格からみていきます。円安の影響により、iPad Air(第5世代)は発売時の定価から大分値上げがされています。

iPad(第10世代)についても、今までの無印iPadと比べてかなり価格が上がってしまいました。(第9世代iPadは発売当初は39,800円→2022年7月1日の価格改定後は49,800円)

最小構成で比較してみると、Wi-Fiモデル・64GBストレージでiPad(第10世代)は68,800円、iPad Air(第5世代)は92,800円となります。

その他のモデルを比較してみても、全て24,000円の差額となりますので、これから比較する他の機能の差に24,000円の価値を感じるかで、どちらを購入するべきか検討いただければと思います。

 

新型iPadとiPad Air 5の価格比較ポイント
  • 最安価格はiPad第10世代は68,800円、iPad Air 5は92,800円
  • どのモデルも差額は24,000円

【2022】新型iPad第10世代とiPad Air(第5世代)のカラーを比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad Air
(第5世代)
カラーシルバー
ブルー
ピンク
イエロー
スペースグレイ
スターライト
ピンク
パープル
ブルー

次にそれぞれのカラーを比較してみると、iPad(第10世代)はイエローやピンクなど、ポップな4つのカラーから選択することできます。
iPad Air5のカラー
iPad Air(第5世代)は5つのカラーから選択することができます。色合いはiPad(第10世代)と比べるとより落ち着いた色合いとなります。

新型iPadとiPad Air 5のカラー比較のポイント
  • iPad第10世代はポップな4色展開
  • iPad Air 5はシックな5色展開

 

【2022】新型iPad第10世代とiPad Air(第5世代)のディスプレイを比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad Air
(第5世代)
ディス
プレイ
10.9インチ
Liquid Retina
ディスプレイ
10.9インチ
Liquid Retina
ディスプレイ
解像度2,360 x 1,640
264ppi
2,360 x 1,640
264ppi
最大輝度500ニト500ニト
ディス
プレイ
機能
耐指紋性撥油
コーティング
True Tone
ディスプレイ
耐指紋性撥油
コーティング
True Tone
ディスプレイ

フルラミネーション
ディスプレイ
反射防止
コーティング

広色域
ディスプレイ
リフ
レッシュ
レート
60Hz60Hz

次にディスプレイ回りですが、ディスプレイ自体のサイズ、解像度は全く同じ仕様となります。

iPad Air(第5世代)にあって、iPad(第10世代)にはない機能は以下となります。

  • フルラミネーションディスプレイ・・・ディスプレイとガラスの隙間を無くし、緻密なペンでの描写が可能に
  • 広色域ディスプレイ・・・色の範囲が広く、より色鮮やかに表示される
  • 反射防止コーティング・・・蛍光灯や太陽光の反射を防止してくれる

フルラミネーションディスプレイや広色域ディスプレイ搭載のiPad Air(第5世代)の方が、Apple Pencilの書き心地が良かったり、画質も優れています

どちらにも搭載されているディスプレイ機能の簡単な解説は以下の通りです。

  • 耐指紋性撥油コーティング・・・表面に油分をはじくコーティングがされている
  • True Toneディスプレイ・・・周囲の光に合わせて、画面の色合いを調整してくれる機能
新型iPadとiPad Air 5のディスプレイ比較ポイント
  • 10.9インチでサイズと解像度は同じ
  • ディスプレイ機能に差があり、iPad Air 5の方が〇
スポンサーリンク

【2022】新型iPad第10世代とiPad Air(第5世代)のサイズ、重量比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad Air
(第5世代)
本体
サイズ
248.6×179.5×7
mm
247.6×178.5×6.1
mm
重量Wi-Fi:477g
セルラー:481g
Wi-Fi:461g
セルラー:462g

本体サイズは、iPad 第10世代がiPad(第5世代)よりも、縦・横幅が1mm大きく、厚みは0.9mmだけ厚くなっています。

重量は若干違いがあり、iPad第10世代の方がWi-Fiモデルは16g、セルラーモデルは19g重くなっています。

 

新型iPadとiPad Air 5のサイズ比較ポイント
  • 本体サイズは微差でほとんど同じ
  • 重量はiPad(第5世代)の方が軽い

 

【2022】新型iPad第10世代とiPad Air(第5世代)のバッテリー、充電端子比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad Air
(第5世代)
バッテリー28.6Wh
リチウムバッテリー

Wi-Fiでのネット利用
ビデオ再生:
最大10時間
28.6Wh
リチウムバッテリー
Wi-Fiでのネット利用
ビデオ再生:
最大10時間
充電端子USB Type-CUSB Type-C

バッテリーに関してはどちらも28.6Whで同じ容量となります。

端子はどちらもUSB Type-C搭載となりますが、iPad(第10世代)はUSB 2.0規格(最大480Mbps)、iPad Air(第5世代)はUSB 3.1 Gen 2(最大10Gbps)となり、同じUSB-Cポートでもデータ転送測度に大きな違いがあります。

ちなみにiPad(第10世代)の最大480Mbpsのデータ転送速度は、iPad(第9世代)のLightning端子と同じ速度となります。

新型iPadとiPad Air 5のバッテリー比較ポイント
  • バッテリー容量は同じ
  • 双方USB-C搭載だが、iPad(第10世代)はデータの転送速度が遅い

 

【2022】新型iPad第10世代とiPad Air(第5世代)のCPU、メモリ比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad Air
(第5世代)
チップA14 BionicApple M1チップ
メモリ4GB8GB

iPad(第10世代)のチップはA14 Bionicとなり、iPhone 12シリーズやiPad Air 4と同じものが搭載されています。

それに対して、iPad Air(第5世代)は一世代前のiPad ProやMacBook Airと同じM1チップが搭載されており、より高性能となっています。

M1チップのiPad Air 5は、A14 BionicのiPad Air 4と比べると、CPUパフォーマンスは最大60%の高速化、グラフィック性能は最大2倍の高速化されています。

同じくA14 Bionic搭載のiPad(第10世代)と比較しても、大体これくらいの差があるとみていいでしょう。

iPad(第10世代)のメモリ容量は4GBに対し、iPad Air(第5世代)は8GBと倍の差があるので、高負荷のかかるアプリを快適に動作させたり、動画編集をストレスなくこなしたい場合はiPad Air(第5世代)の方が後悔がないと思います。

新型iPadとiPad Air 5のCPU、メモリ比較ポイント
  • iPad(第10世代)はiPad Air 4と同じA14 Bionic
  • iPad Air 5はM1チップ搭載でより高性能
  • メモリは倍の差

 

【2022】新型iPad第10世代とiPad Air(第5世代)のカメラ機能比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad Air
(第5世代)
カメラ
機能
背面:
12MP/F1.8

前面:
12MP
超広角/F2.4
背面:
12MP広角/F1.8

前面:
12MP超広角/F2.4
ビデオ
機能
4K/60fps4K/60fps

カメラ機能を比較すると、フロントカメラ、リアカメラ共に画素数や絞り値などの性能は同じとなります。

フロントカメラのフレームの中心から外れないように自動的に調整してくれるセンターフレームにも双方対応しています。

性能は同じですが、フロントカメラの位置が異なります。iPad(第10世代)は横向きにした時に上部に配置されており、iPad Air(第5世代)は縦向き時に上部に配置されています。

そのため横向きにしてビデオ通話等をする際は、iPad(第10世代)の方が目線が合いやすくなるといったメリットがあります。

iPad第10世代のフロントカメラの位置

iPad第10世代

iPad Air 5のフロントカメラの位置

iPad Air 5

新型iPadとiPad Air 5カメラ機能の比較ポイント
  • カメラやビデオ機能は全く同じ
  • フロントカメラの位置が異なる

 

【2022】新型iPad第10世代とiPad Air(第5世代)のその他機能の違い

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad Air
(第5世代)
Apple
Pencil
第1世代第2世代
5G対応
スピーカーステレオステレオ
マイクデュアルマイクデュアルマイク
認証Touch IDTouch ID
Bluetooth5.25.0
Wi-FiWi-Fi 6
802.11 a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi 6
802.11 a/b/g/n/ac/ax
対応
キーボード
Magic Keyboard FolioSmart Keyboard Folio
Magic Keyboard

最後にその他細かい違いを比較していきます。

Apple Pencilについて

Apple Pencil第1世代

iPad Air(第5世代)はApple Pencil第2世代対応で、側面にマグネットで取り付けてワイヤレスでペアリングや充電ができます。

それに対し、iPad(第10世代)は第1世代対応となります。

Apple Pencil第1世代はLightning端子対応のため、USB-C対応のiPad(第10世代)に直接接続することができず、「USB-C – Apple Pencilアダプタ」というアダプタを使い、接続する必要があります。

このアダプタ自体は単体だと1,380円での販売となり、Apple Pencil第1世代を購入すると同梱品として追加されています。

その他機能はほとんど同じ

iPad第10世代

その他を比較してみると、5G対応や、ステレオスピーカーやデュアルマイクなど、ほとんど同じ仕様となっています。

iPad(第10世代)はホームボタンが廃止されiPad Air5と同じデザインになったため、Touch ID(指紋認証)もトップボタンでの認証となりました。

細かい違いとして、iPad Air(第5世代)はBluetoothの規格が5.0に対し、iPad(第10世代)は5.2に対応しています。

対応キーボードについて

Magic Keyboard Folio

iPad第10世代に対応しているキーボードは38,800円のMagic Keyboard Folioのみとなります。

iPad Air(第5世代)に対応しているキーボードは44,800円のMagic Keyboardとトラックパッドの無い27,800円のSmart Keyboard Folioとなります。

 

新型iPadとiPad Air 5その他機能比較のポイント
  • Apple PencilはiPad第10世代→第1世代、iPad Air 5→第2世代
  • その他機能はほとんど同じ
  • 対応キーボードはそれぞれ異なる

【2022】新型iPad第10世代とiPad Air(第5世代)の比較まとめ

【2022】新型iPad第10世代とiPad Air 5どっち買う?|違いを徹底比較してみた

新型iPad第10世代がおすすめな人

  • 性能よりもできるだけ費用を抑えたい
  • 動画編集や高グラフィックのゲームなど高負荷のかかる作業はそんなにしない
  • USBでデータ転送するケースがあまりない
  • 横向きにしてビデオ通話や会議をしたい
  • Apple Pencilを使う作業がメイン用途ではない

iPad Air(第5世代)がおすすめな人

  • iPad Proは手が出ないけど、スペックにもこだわりたい
  • 動画編集など様々な用途で利用したい
  • Apple Pencilを使ってイラスト作成をしたい
  • 作業でも使いたいけど、ストレージ容量はそこまで必要ではない
  • データ転送速度はできるだけ高速がいい

以上、無印の新型iPad(第10世代)iPad Air(第5世代)についての比較でした!

最後にここから下では、iPadをちょっとでも安く買う方法をまとめているので、併せてご覧いただけると幸いです。

 

iPadのおすすめ購入先、安く買う方法

ここからはiPadを購入するにあたって、少しでもお得に安く購入できる方法を簡単にご紹介していきます。

知ってると知らないとでは購入金額がかなり変わりますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

楽天リーベイツ経由→アップルストアでiPadを買う

まずはアップル公式サイトから購入する際のお得な方法を紹介します。

楽天リーベイツを経由してApple公式ストアで買い物をするだけで、楽天ポイントがもらえます!
楽天リーベイツとは、楽天が運営するポイントバックサービスです。
基本的な使い方はリーベイツのサイトから、買い物したいお店のページに飛び、あとは通常通り購入するだけ。ポイントが後日付与される形となります。
楽天リーベイツ
楽天会員ならだれでも使えるサービスなので、ぜひ利用しましょう。

アップルストアの場合ポイント還元率は通常1%ですが、「楽天スーパーSALE」のようなイベントと連動してポイントがアップされ、キャンペーンによっては1.5~5%還元になります。

さらに現在、楽天リーベイツで初回3,000円以上の購入に限り、楽天ポイント最大500ポイント還元のキャンペーンが実施されています。

キャンペーン詳細

  • リーベイツ アカウントを新規作成してから 30 日以内
  • リーベイツ 経由にて一回のご注文で 3,000 円以上(税抜・送料別・ポイント、クーポン利用別)のお買い物をされた方
  • 獲得ポイント(各種ボーナス+ポイントバックの合算)は、お買い物された金額(税抜)の20%を上限

※キャンペーンの開催期間は記載がなく、いつ終了するかは分かりませんのでお早めに

楽天リーベイツの詳細をみてみる

 

アップルストアで整備済iPadを買う

アップル認定整備済み製品iPad

次に、アップル公式サイトから、整備済のiPadを安く購入する方法です。

iPad整備済製品は、すべてのモデルに新しいバッテリーと外装が使用され、1年間の保証も付いています。
最短で翌日に無料でお届けし、返品も無料です。ほかにも、以下のものが含まれます。

  • 完全な動作テスト、Apple純正パーツの交換(必要な場合)、徹底したクリーニング
  • 出荷時のオペレーティングシステム、またはより最新のオペレーティングシステム
  • 整備済製品はすべて、必要なアクセサリやケーブルとともに新品の箱に再梱包されます

出典:https://www.apple.com/jp/shop/refurbished/ipad

1世代・2世代前等の型落ちのiPadが格安の価格(最大15%引き)で購入ができ、さらにに新しいバッテリーと外装、1年間の保証もついています。

現行品にこだわりがない方であれば、iPadの使い方によっては一世代前でも全く問題なく利用できるため、少しでも安く購入したい方にはおすすめの購入方法となります。

整備済iPadの価格をみてみる

 

Amazonで新品のiPadを安く買う

iPad mini 6 セール

お次にAmazonでの購入について紹介します。

iPadはAmazonのタイムセールプライムデー等の定期的なセール時に割引されて販売されている場合があるので、まずはチェックしておきましょう。

さらにセール以外で購入した場合でもAmazonポイントが付与されるので、基本的にお得な買い方となります。

AmazonでiPadの価格をみてみる

 

さらにAmazonでお得に購入する方法

クレジットカードでギフト券をチャージすると0.5%ポイント

さらにAmazonプライム会員の方であればおすすめなお得な方法として、5,000円以上のクレジットカードでチャージすると0.5%ポイントが貯まるキャンペーンが実施されています。

iPadに限らずAmazonでお買い物する際に、事前にチャージをしておくだけで0.5%のAmazonポイントが上乗せされる形となり、お得なキャンペーンとなっています。

Amazonでギフト券チャージをチェックする

 

Amazonの整備品iPadを買う

Amazon整備済み品

次にAmazonで中古品を購入する方法をご紹介します。

Amazonにもアップル公式と同じように、Amazon Renewedという整備品製品が存在します。

Amazon整備済み再生品は、正常に機能し、新品同様に見えるように、検査、修理、クリーニング、テストが行われた再生品、中古品、展示品、開封品をご購入いただけるサービスです。

Amazon整備済み品とは何ですか?
Amazon整備済み品として出品された商品は、Amazonが定める品質基準をクリアし一定の販売実績がある認定出品者(Apple認定業者とは異なります)により、正常に機能するかどうかの動作確認と新品同様に見えるかどうかの外観検査がなされています。Amazon認定出品者は、資格のあるメーカーまたは専門の第三者リサイクル業者であり、Amazon整備済み品を継続的に販売するための厳格な基準を満たしています。

出典:Amazon整備済み品

Amazon整備済み品とは?

  • Amazonが認定した業者から出品された中古品
  • 表面的なキズ・損傷はほぼない
  • 最低180日の出品者保証付き。初期不良などがあった場合は返品、返金が可能

Amazon整備済み品

Amazonが認めた業者による出品のため、新品同様の高品質な中古品iPadを格安で購入することができます。

こちらもアップルの整備品同様、旧モデルがメインとなりますが、中古品でも気にならないという方はAmazonでチェックしてみてはいかがでしょうか?

Amazonで整備品iPadの価格をみてみる