【2022】新型iPad第10世代と第9世代どっち買う?|違いを徹底比較してみた

【2022】新型iPad第10世代と第9世代どっち買う?|違いを徹底比較してみた

今回は2022年10月に発売された、無印の新型iPad(第10世代)と、2021年発売の旧型iPad(第9世代)について、価格やスペック等あらゆる違いを徹底比較いたしました!

細かく丁寧に解説していきますので、ぜひ比較検討の参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

【2022】新型iPad第10世代と第9世代を比較した主な違い

ipad 第10世代

まずは初めに、新型の無印iPadが第9世代から第10世代に新しくなった上での、主な違いを載せておきます。

iPad第9世代と第10世代の主な違い

  • 最安で49,800円→68,800円
  • チップがA13 Bionic→A14 Bionic
  • ディスプレイが10.2インチ→10.9インチ
  • iPad ProやAirと同じホームボタンの無いデザインに
  • 背面カメラが800万画素/F2.4→1200万画素/F1.8
  • 4K/60fpsの動画撮影が可能に
  • Lightning端子→USB Type-C端子
  • イヤホンジャックがなくなった
  • カラーが2色→カラフルな4色展開
  • Apple Pencil第1世代のみ対応は変わらず

他にも細かい変更点はありますので、ここから詳しくスペックを比較しながら違いを解説していきます。

【2022】新型iPad第10世代と第9世代のスペックを徹底比較

iPad
(第10世代)
iPad
(第9世代)
イメージ
発売日2022年10月26日2021年9月24日
価格
Wi-Fi
64GB:68,800円
256GB:92,800円
64GB:49,800円
256GB:71,800円
価格
セルラー
64GB:92,800円
256GB:116,800円
64GB:69,800円
256GB:91,800円
カラーシルバー
ブルー
ピンク
イエロー
スペースグレイ
シルバー
ディス
プレイ
10.9インチ
Liquid Retina
ディスプレイ
10.2インチ
Liquid Retina
ディスプレイ
解像度2,360 x 1,640
264ppi
2,160 x 1,620
264ppi
最大輝度500ニト500ニト
ディス
プレイ
機能
耐指紋性撥油
コーティング
True Tone
ディスプレイ
耐指紋性撥油
コーティング
True Tone
ディスプレイ
本体
サイズ
248.6×179.5×7
mm
250.6×174.1×7.5
mm
重量Wi-Fi:477g
セルラー:481g
Wi-Fi:487g
セルラー:498g
バッテリー28.6Whバッテリー
Wi-Fiでのネット利用
ビデオ再生:
最大10時間
32.4Whバッテリー
Wi-Fiでのネット利用
ビデオ再生:
最大10時間
充電端子USB-CLightning
チップA14 BionicA13 Bionic
メモリ4GB3GB
カメラ
機能
背面:12MP/F1.8
前面:12MP、
超広角/F2.4
背面:8MP/F2.4
前面:12MP、
超広角/F2.4
ビデオ
機能
4K/60fps
センターフレーム
1080p/30fps
センターフレーム
Apple
Pencil
第1世代第1世代
5G対応×
スピーカーステレオ
スピーカー
ステレオ
スピーカー
マイクデュアルマイクデュアルマイク
認証Touch IDTouch ID
リフ
レッシュ
レート
60Hz60Hz
Bluetooth5.24.2
Wi-FiWi-Fi 6
802.11 a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi 5
802.11a/b/g/n/ac
対応
キーボード
Magic Keyboard FolioSmart Keyboard

【2022】新型iPad第10世代と第9世代の価格比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad
(第9世代)
イメージ
価格
Wi-Fi
64GB:68,800円
256GB:92,800円
64GB:49,800円
256GB:71,800円
価格
セルラー
64GB:92,800円
256GB:116,800円
64GB:69,800円
256GB:91,800円

まずは価格からみてみると、無印の新型iPad(第10世代)は円安の影響もあり、かなり高価になっています。

さらに第9世代iPadは発売当初は39,800円(2022年7月1日の価格改定後は49,800円)でしたので、そう考えると無印iPadも手軽に手が出せる価格帯ではなくなってきました。

最小構成のWi-Fiモデル:64GBで比較すると、19,000円の差額となりiPad第9世代は価格改定後でも大分リーズナブルです。

ストレージ、モデルが異なるにつれて価格差も若干広がり、セルラーモデル・256GB同士なら25,000円の差額となります。

iPad第10世代と第9世代の価格比較ポイント
  • 一番安い価格でiPad第10世代は68,800円~、第9世代は49,800円~
  • 価格差は19,000円~25,000円

【2022】新型iPad第10世代と第9世代のカラーを比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad
(第9世代)
イメージ
カラーシルバー
ブルー
ピンク
イエロー
スペースグレイ
シルバー

iPad第9世代では従来のスペースグレイとシルバーの2色展開でしたが、第10世代からはイエローやピンクなど、ポップな4つのカラーが選択することできます。

 

iPad第10世代と第9世代カラー比較のポイント
  • iPad第10世代はカラフルな4色展開
  • iPad第9世代はグレーとシルバーの2色

 

【2022】新型iPad第10世代と第9世代のディスプレイを比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad
(第9世代)
ディス
プレイ
10.9インチ
Liquid Retina
ディスプレイ
10.2インチ
Liquid Retina
ディスプレイ
解像度2,360 x 1,640
264ppi
2,160 x 1,620
264ppi
最大輝度500ニト500ニト
ディス
プレイ
機能
耐指紋性撥油
コーティング
True Tone
ディスプレイ
耐指紋性撥油
コーティング
True Tone
ディスプレイ
リフ
レッシュ
レート
60Hz60Hz

今まで無印のiPadは、従来のホームボタンつきのデザインを長らく継承していましたが、第10世代になり、iPad proやAirと同じホームボタンの無いデザインに変更となりました。

iPad第10世代

iPad第10世代のディスプレイは10.9インチとなり、第9世代と比べると0.8インチ大きくなっています。10.9インチサイズはiPad Air(第5世代)と同じ大きさ・解像度となります。

耐指紋性撥油コーティングやTrue Toneディスプレイ等、基本的にディスプレイ機能は第9世代と同じ仕様となっています。

iPad AirやiPad Proに搭載されている、広色域ディスプレイ(P3)、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング等は非搭載となります。

iPad Proにのみ搭載されているProMotionテクノロジ—も非対応のため、リフレッシュレートは変わらず60Hzとなります。

iPad第10世代に搭載されている、ディスプレイ機能の簡単な解説は以下の通りです。

  • 耐指紋性撥油コーティング・・・表面に油分をはじくコーティング
  • True Toneディスプレイ・・・周囲の光に合わせて、画面の色合いを調整してくれる機能

ちなみに他のiPadに搭載されている機能は以下のようなものがあります。

  • フルラミネーションディスプレイ・・・ディスプレイとガラスの隙間を無くし、緻密なペンでの描写が可能に
  • 広色域ディスプレイ・・・色の範囲が広くより色鮮やかに表示される
  • 反射防止コーティング・・・蛍光灯や太陽光の反射を防止してくれる
  • ProMotionテクノロジ—・・・リフレッシュレートが120Hzになり、より滑らかなスクロールや映像に
iPad第10世代と第9世代のディスプレイ比較ポイント
  • iPad第10世代はiPad Air(第5世代)と同じ大きさ・解像度の10.9インチ
  • iPad第9世代は10.2インチのため0.8インチ大きくなっている
  • その他ディスプレイ機能やリフレッシュレートは同じ
スポンサーリンク

【2022】新型iPad第10世代と第9世代のサイズ、重量比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad
(第9世代)
本体
サイズ
248.6×179.5×7
mm
250.6×174.1×7.5
mm
重量Wi-Fi:477g
セルラー:481g
Wi-Fi:487g
セルラー:498g

本体サイズは、iPad 第10世代が第9世代よりも、縦幅が2mm小さく、横幅が5.4mm広く、厚みは0.5mm薄くなっています。

重量もiPad第10世代の方がWi-Fiモデルは10g、セルラーモデルは、17g軽くなっています。

iPad第10世代と第9世代のサイズ比較ポイント
  • 縦幅と厚みはほぼ同じ、iPad第10世代は横幅が5.4mmと少し広くなっている
  • 重さは若干iPad第10世代の方が軽い

 

【2022】新型iPad第10世代と第9世代のバッテリー、充電端子比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad
(第9世代)
イメージ
バッテリー28.6Whバッテリー
Wi-Fiでのネット利用、
ビデオ再生:
最大10時間
32.4Whバッテリー
Wi-Fiでのネット利用、
ビデオ再生:
最大10時間
充電端子USB-CLightning

無印iPadは第9世代まで、Lightning端子に対応していましたが、ついに第10世代からUSB-C対応となりました。

これにより現行のiPadは全てUSB-Cケーブルで充電が可能になります。

バッテリーは若干容量が減っていますが、Wi-Fiでのネット利用、ビデオ再生:最大10時間の表記は変わらずとなります。

iPad第10世代と第9世代のバッテリー比較ポイント
  • iPad第9世代はLightning端子、第10世代からUSB-C対応に進化
  • バッテリー容量は若干減っているものの稼働時間は公表だと同じ

 

【2022】新型iPad第10世代と第9世代のCPU、メモリ比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad
(第9世代)
イメージ
チップA14 BionicA13 Bionic
メモリ4GB3GB

iPad第10世代のチップは、iPad第9世代のA13 Bionic(iPhone11シリーズと同じ)から、A14 Bionic(iPhone 12シリーズ、iPad Air 4と同じ)に進化しています。

これによりCPUが20%、GPUが10%、Neural Engineが80%の向上となっています。

メモリ容量は、同じA14 Bionicを搭載していたiPad Air 4と同じく4GBとなっています。

iPad第10世代と第9世代のCPU、メモリ比較ポイント
  • A13 Bionic→A14 Bionicに進化
  • iPad第10世代のメモリは4GBに進化

 

【2022】新型iPad第10世代と第9世代のカメラ機能比較

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad
(第9世代)
イメージ
カメラ
機能
背面:12MP/F1.8
前面:12MP、
超広角/F2.4
背面:8MP/F2.4
前面:12MP、
超広角/F2.4
ビデオ
機能
4K/60fps
センターフレーム
1080p/30fps
センターフレーム

カメラについては、背面カメラの画素数が800万画素→1200万画素に、絞り値もF2.4からF1.8に進化しており、iPad第10世代になって性能は向上しています。

動画機能についてもiPad第10世代は4K/60fpsの撮影が可能になりました。

大きな変化として、前面カメラの位置がiPad第9世代は縦持ちした時に上部に配置されているのに対し、iPad第10世代は横持ちした時に上部の配置されるようになりました。

iPad第10世代のフロントカメラの位置

iPad第10世代

 

iPad第10世代と第9世代カメラ機能の比較ポイント
  • iPad第10世代の方が画素数も増加、レンズもより明るくなった
  • iPad第10世代は4K/60FPSの動画撮影も可能に
  • 前面カメラ位置が変更

 

【2022】新型iPad第10世代と第9世代のその他機能の違い

iPad第10世代

iPad
(第10世代)
iPad
(第9世代)
Apple
Pencil
第1世代第1世代
5G対応×
スピーカーステレオ
スピーカー
ステレオ
スピーカー
マイクデュアルマイクデュアルマイク
認証Touch IDTouch ID
Bluetooth5.24.2
Wi-FiWi-Fi 6
802.11 a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi 5
802.11a/b/g/n/ac
対応
キーボード
Magic Keyboard FolioSmart Keyboard

その他細かいスペックを比較していきます。

Apple Pencilは変わらず第1世代対応

Apple Pencil第1世代

Apple Pencilについては第10世代になっても変わらず第1世代対応となります。

Apple Pencil第1世代はLightning端子搭載のため、USB-C対応のiPad第10世代に直接接続することができず、「USB-C – Apple Pencilアダプタ」というアダプタを使い、接続する必要があります。

このアダプタ自体は単体だと1,380円での販売となり、Apple Pencil第1世代を購入すると同梱品として追加されています。

通信機能は進化

iPad第10世代

iPad第10世代になり、Bluetoothの規格もスペックアップしています。さらにiPad第10世代は5G・Wi-Fi 6にも対応し、最大1.2Gbpsでの高速通信が可能になります。

トップボタンにTouch ID搭載

iPad第10世代

認証方法については、同じくTouch ID(指紋認証)を搭載しており、ホームボタンの廃止に伴い、上部のボタンで認証する形に変更しています。

対応キーボードはMagic Keyboard Folioのみ

Magic Keyboard Folio

 

iPad第10世代に対応しているキーボードは、新しく発売されるMagic Keyboard Folioとなります。

iPad ProやiPad Air用に販売されている、Magic KeyboardやSmart Keyboard Folioを使うことはできないため、注意が必要です。

 

iPad第10世代と第9世代のその他機能比較のポイント
  • Apple Pencilは第10世代になっても第1世代対応
  • BluetoothやWi-Fiの規格は進化
  • Touch IDはホームボタンからトップボタンへ
  • iPad第10世代専用のMagic Keyboard Folioがある

【2022】新型iPad第10世代と第9世代の比較まとめ

【2022】新型iPad第10世代と第9世代どっち買う?|違いを徹底比較してみた

新型iPad第10世代がおすすめな人

  • 最新のiPadがいいけど、できるだけ費用も抑えたい
  • カラフルなカラーが好き
  • ホームボタンがあるデザインは嫌だ
  • スマホなどガジェット類はUSB-C端子で統一したい

旧型iPad第9世代がおすすめな人

  • とにかく費用を抑えるのが最優先
  • お子様の遊び道具や勉強用
  • 型落ちでも別に問題ない
  • Lightning端子でも気にならない

以上、無印の新型iPad(第10世代)と、2021年発売の旧型iPad(第9世代)についての比較でした!

最後にここから下では、iPadをちょっとでも安く買う方法をまとめているので、併せてご覧いただけると幸いです。

iPadのおすすめ購入先、安く買う方法

ここからはiPadを購入するにあたって、少しでもお得に安く購入できる方法を簡単にご紹介していきます。 知ってると知らないとでは購入金額がかなり変わりますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

楽天リーベイツ経由→アップルストアでiPadを買う

まずはアップル公式サイトから購入する際のお得な方法を紹介します。

楽天リーベイツを経由してApple公式ストアで買い物をするだけで、楽天ポイントがもらえます!
楽天リーベイツとは、楽天が運営するポイントバックサービスです。
基本的な使い方はリーベイツのサイトから、買い物したいお店のページに飛び、あとは通常通り購入するだけ。ポイントが後日付与される形となります。
楽天リーベイツ

楽天会員ならだれでも使えるサービスなので、ぜひ利用しましょう。
アップルストアの場合ポイント還元率は通常1%ですが、「楽天スーパーSALE」のようなイベントと連動してポイントがアップされ、キャンペーンによっては1.5~5%還元になります。

さらに現在、楽天リーベイツで初回3,000円以上の購入に限り、楽天ポイント最大500ポイント還元のキャンペーンが実施されています。

キャンペーン詳細

  • リーベイツ アカウントを新規作成してから 30 日以内
  • リーベイツ 経由にて一回のご注文で 3,000 円以上(税抜・送料別・ポイント、クーポン利用別)のお買い物をされた方
  • 獲得ポイント(各種ボーナス+ポイントバックの合算)は、お買い物された金額(税抜)の20%を上限

※キャンペーンの開催期間は記載がなく、いつ終了するかは分かりませんのでお早めに 楽天リーベイツの詳細をみてみる

 

アップルストアで整備済iPadを買う

アップル認定整備済み製品iPad 次に、アップル公式サイトから、整備済のiPadを安く購入する方法です。

iPad整備済製品は、すべてのモデルに新しいバッテリーと外装が使用され、1年間の保証も付いています。 最短で翌日に無料でお届けし、返品も無料です。ほかにも、以下のものが含まれます。

  • 完全な動作テスト、Apple純正パーツの交換(必要な場合)、徹底したクリーニング
  • 出荷時のオペレーティングシステム、またはより最新のオペレーティングシステム
  • 整備済製品はすべて、必要なアクセサリやケーブルとともに新品の箱に再梱包されます

出典:https://www.apple.com/jp/shop/refurbished/ipad

1世代・2世代前等の型落ちのiPadが格安の価格(最大15%引き)で購入ができ、さらにに新しいバッテリーと外装、1年間の保証もついています。 現行品にこだわりがない方であれば、iPadの使い方によっては一世代前でも全く問題なく利用できるため、少しでも安く購入したい方にはおすすめの購入方法となります。 整備済iPadの価格をみてみる

 

Amazonで新品のiPadを安く買う

iPad mini 6 セール お次にAmazonでの購入について紹介します。 iPadはAmazonのタイムセールプライムデー等の定期的なセール時に割引されて販売されている場合があるので、まずはチェックしておきましょう。 さらにセール以外で購入した場合でもAmazonポイントが付与されるので、基本的にお得な買い方となります。 AmazonでiPadの価格をみてみる

さらにAmazonでお得に購入する方法

クレジットカードでギフト券をチャージすると0.5%ポイント さらにAmazonプライム会員の方であればおすすめなお得な方法として、5,000円以上のクレジットカードでチャージすると0.5%ポイントが貯まるキャンペーンが実施されています。 iPadに限らずAmazonでお買い物する際に、事前にチャージをしておくだけで0.5%のAmazonポイントが上乗せされる形となり、お得なキャンペーンとなっています。 Amazonでギフト券チャージをチェックする

Amazonの整備品iPadを買う

Amazon整備済み品 次にAmazonで中古品を購入する方法をご紹介します。 Amazonにもアップル公式と同じように、Amazon Renewedという整備品製品が存在します。

Amazon整備済み再生品は、正常に機能し、新品同様に見えるように、検査、修理、クリーニング、テストが行われた再生品、中古品、展示品、開封品をご購入いただけるサービスです。 Amazon整備済み品とは何ですか? Amazon整備済み品として出品された商品は、Amazonが定める品質基準をクリアし一定の販売実績がある認定出品者(Apple認定業者とは異なります)により、正常に機能するかどうかの動作確認と新品同様に見えるかどうかの外観検査がなされています。Amazon認定出品者は、資格のあるメーカーまたは専門の第三者リサイクル業者であり、Amazon整備済み品を継続的に販売するための厳格な基準を満たしています。 出典:Amazon整備済み品

Amazon整備済み品とは?

  • Amazonが認定した業者から出品された中古品
  • 表面的なキズ・損傷はほぼない
  • 最低180日の出品者保証付き。初期不良などがあった場合は返品、返金が可能

Amazon整備済み品
Amazonが認めた業者による出品のため、新品同様の高品質な中古品iPadを格安で購入することができます。 こちらもアップルの整備品同様、旧モデルがメインとなりますが、中古品でも気にならないという方はAmazonでチェックしてみてはいかがでしょうか?
Amazonで整備品iPadの価格をみてみる