新型iPad Air 5とiPad Pro 2021どっち買う?違いを徹底比較!

新型iPad Air 5とiPad Air 4の違いを徹底比較|どっち買う?

今回は新型のiPad Air 5iPad Pro 2021について、価格はもちろん細かいまでスペックを徹底比較しながらまとめていきます!

どちらを買おうかと迷っている方の少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

iPad Air 5とiPad Pro 2021の違いを徹底比較|どっち買う?

iPad Air 5iPad Pro 11インチiPad Pro 12.9インチ
発売日2022年3月18日2021年5月21日2021年5月21日
価格
(Wi-Fi)
64GB:74,800円
256GB:92,800円
128GB:94,800円
256GB:106,800円
512GB:130,800円
1TB:178,800円
2TB:226,800円
128GB:129,800円
256GB:141,800円
512GB:165,800円
1TB:213,800円
2TB:261,800円
価格
(セルラー)
64GB:92,800円
256GB:110,800円
128GB:112,800円
256GB:124,800円
512GB:148,800円
1TB:196,800円
2TB:244,800円
128GB:147,800円
256GB:159,800円
512GB:183,800円
1TB:231,800円
2TB:279,800円
カラースペースグレイ
スターライト
ピンク
パープル
ブルー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
シルバー
充電端子USB Type-CUSB Type-C
Thunderbolt/USB 4対応
USB Type-C
Thunderbolt/USB 4対応
ディスプレイ10.9インチ
Liquid Retina
ディスプレイ
11インチ
Liquid Retina
ディスプレイ
12.9インチ
Liquid Retina
XDRディスプレイ
解像度2,360 x 1,640ピクセル
264ppi
2,388 x 1,668ピクセル
264ppi
2,732 x 2,048ピクセル
264ppi
最大輝度500ニト600ニト600ニト
フルスクリーン
最大輝度1000ニト
ピーク輝度1600ニト(HDR)
ディスプレイ
機能
・耐指紋性撥油
コーティング
・フルラミネーション
ディスプレイ
・反射防止コーティング
・広色域ディスプレイ
・True Toneディスプレイ
・耐指紋性撥油
コーティング
・フルラミネーション
ディスプレイ
・反射防止コーティング
・広色域ディスプレイ
・True Toneディスプレイ
・ProMotionテクノロジ—
・耐指紋性撥油
コーティング
・フルラミネーション
ディスプレイ
・反射防止コーティング
・広色域ディスプレイ
・True Toneディスプレイ
・ProMotionテクノロジ—
本体
サイズ
247.6×178.5×6.1 mm247.6 x 178.5 x 5.9 mm280.6 x 214.9 x 6.4 mm
重量Wi-Fi:461g
Wi-Fi・セルラー:462g
Wi-Fi:466g
Wi-Fi・セルラー:470g
Wi-Fiモデル:682g
Wi-Fi・セルラー:685g
バッテリーWi-Fiでのネット利用、
ビデオ再生:最大10時間
Wi-Fiでのネット利用、
ビデオ再生:最大10時間
Wi-Fiでのネット利用、
ビデオ再生:最大10時間
チップApple M1チップApple M1チップApple M1チップ
メモリ8GB8GB:128、256、512GB
ストレージ
16GB:
1、2TBのストレージ
8GB:128、256、512GB
ストレージ
16GB:
1、2TBのストレージ
Apple Pencil第2世代第2世代第2世代
5G対応
カメラ
機能
背面:12MP広角/F1.8
前面:12MP超広角/F2.4
背面①:12MP広角/F1.8
背面②:10MP超広角/F2.4
前面:12MP超広角/F2.4
LiDARスキャナ
背面①:12MP広角/F1.8
背面②:10MP超広角/F2.4
前面:12MP超広角/F2.4
LiDARスキャナ
ビデオ
機能
4K/60fps,1080p/60fps4K/60fps,  1080p/60fps4K/60fps,  1080p/60fps
スピーカーステレオスピーカー4スピーカーオーディオ4スピーカーオーディオ
マイク通話、ビデオ撮影、
オーディオ録音のための
デュアルマイク
通話、ビデオ撮影、
オーディオ録音のための
5つのスタジオ品質マイク
通話、ビデオ撮影、
オーディオ録音のための
5つのスタジオ品質マイク
認証Touch IDFace IDFace ID
リフレッシュ
レート
60Hz120Hz120Hz
Bluetooth5.05.05.0
Wi-FiWi-Fi 6Wi-Fi 6Wi-Fi 6
対応
キーボード
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard

スペックの一覧での比較がこちら。iPad Air 5はM1チップが搭載されたことでかなり話題になりましたが、ディスプレイ機能やカメラ機能について、現行のiPad Proと比べるとはっきりとした差別化がされています。

ただ正直iPad Proはライトな使い方をするユーザーにとっては性能を持て余す可能性が高いので、価格差を含め以下で詳しく比較しながら解説していきます。

iPad Air 5とiPad Pro 2021の価格を比較|256GBなら約2,000円の差

iPad Air 5

iPad Air 5iPad Pro 11インチiPad Pro 12.9インチ
発売日2022年3月11日2021年5月21日2021年5月21日
価格
(Wi-Fi)
64GB:74,800円
256GB:92,800円
128GB:94,800円
256GB:106,800円
512GB:130,800円
1TB:178,800円
2TB:226,800円
128GB:129,800円
256GB:141,800円
512GB:165,800円
1TB:213,800円
2TB:261,800円
価格
(セルラー)
64GB:92,800円
256GB:110,800円
128GB:112,800円
256GB:124,800円
512GB:148,800円
1TB:196,800円
2TB:244,800円
128GB:147,800円
256GB:159,800円
512GB:183,800円
1TB:231,800円
2TB:279,800円

iPad Air 5はストレージ容量が64GBと256GBの2種類しかありませんが、iPad Proは11インチと12.9インチどちらも128GB〜2TBの5種類から選択することができ、それぞれ容量に比例して価格も上がります。

ちなみにiPad Air 5は旧型iPad Air 4から5,000円値上げされ、Wi-Fiモデル64GBで74,800円から購入することができます。

iPad Air 5iPad Proの同じストレージ容量は256GBのみとなり、価格差はiPad Proの11インチなら約14,000円の差、12.9インチなら49,000円の差額となります。

悩ましい比較として、iPad Air 5の256GBは92,800円、iPad Pro11インチの128GBは94,800円と、この2つの価格比較ならたった2,000円の差額となります。

ストレージを半分に我慢して+2,000円でiPad Proが手に入る、となると結構迷ってしまいますよね。

これから記載する他の機能の比較を参考にして、別にiPad Proでなくてもいいと判断した場合は、価格の安いiPad Air 5を選択しましょう。

逆に、iPad Proにしかない機能が必要だと感じた場合は、ストレージ容量を考慮しながら、iPad Proを選んでいただければと思います。では続けて解説していきます。

iPad Air 5とiPad Pro 2021のカラーを比較|5色から選べる

iPad Air5のカラー

iPad Air 5iPad Pro 2021
カラースペースグレイ
スターライト
ピンク
パープル
ブルー
スペースグレイ
シルバー

iPad Air 5はカラフルな5色展開で、新色のちょっと濃いめのブルーが追加されています。iPad Proはサイズ関係なく、2色展開となります。

自分好みのカラーを選びたいと言う場合はiPad Air 5になりますが、カバーを付ける方の場合は基本一度つけたらそう外す機会はないと思うので、あまり気にしなくても良いかなと個人的には思います。

iPad Air 5とiPad Pro 2021のディスプレイを比較

iPad Air 5

 

iPad Air 5iPad Pro 11インチiPad Pro 12.9インチ
ディスプレイ10.9インチ
Liquid Retina
ディスプレイ
11インチ
Liquid Retina
ディスプレイ
12.9インチ
Liquid Retina
XDRディスプレイ
解像度2,360 x 1,640ピクセル
264ppi
2,388 x 1,668ピクセル
264ppi
2,732 x 2,048ピクセル
264ppi
最大輝度500ニト600ニト600ニト
フルスクリーン
最大輝度1000ニト
ピーク輝度1600ニト(HDR)
ディスプレイ・耐指紋性撥油
コーティング
・フルラミネーション
ディスプレイ
・反射防止コーティング
・広色域ディスプレイ
・True Toneディスプレイ
・耐指紋性撥油
コーティング
・フルラミネーション
ディスプレイ
・反射防止コーティング
・広色域ディスプレイ
・True Toneディスプレイ
・ProMotionテクノロジ—
・耐指紋性撥油
コーティング
・フルラミネーション
ディスプレイ
・反射防止コーティング
・広色域ディスプレイ
・True Toneディスプレイ
・ProMotionテクノロジ—
リフレッシュ
レート
60Hz120Hz120Hz

ディスプレイ周辺のスペックに関しては、iPad Air 5iPad Proシリーズではかなり差別化がされています。

どの機種もLiquid Retinaディスプレイではありますが、iPad Pro12.9インチに限ってはミニLEDバックライトのLiquid Retina XDRディスプレイが搭載されており、もっとも高品質なディスプレイとなっています。

さらに画面の明るさもiPad Proの方がより明るくなっており、特に日差しの強い場所で作業する時などは、画面が見やすくなっています。

その他の機能では、フルラミネーションディスプレイや広色域ディスプレイなどはiPad Pro同様iPad Air 5にも搭載されていますが、大きく異なる部分としてiPad Air 5ProMotionテクノロジーが非搭載となります。

ProMotionテクノロジーの場合はリフレッシュレートが最大120Hzとなり、より滑らかな動きが可能になるため特にバトロワ系などの激しい動きのゲームでは快適にプレイすることができます。

さらにスクロールの滑らかさやApplePencilの書き心地にも違いがでます。分かりやすいリフレッシュレートの比較動画がこちら。

[Slow Motion] 165Hz vs 144Hz vs 120Hz vs 90Hz vs 60Hz – Smartphone Screen Refresh Rate Comparison
iPad Pro 10.5-inch ProMotion 60 vs 120Hz Latency Test with Apple Pencil

ディスプレイ機能の解説は以下の通りです。

  • Liquid Retina XDRディスプレイ・・・通常のバックライトではなくミニLEDのバックライトを搭載した、高い表現力が特徴のディスプレイ
  • フルラミネーションディスプレイ・・・ディスプレイとガラスの隙間を無くす事でペンを使う時に緻密な描写が可能に
  • 広色域ディスプレイ・・・色の範囲が広くより色鮮やかに表示される
  • 反射防止コーティング・・・蛍光灯や太陽光の反射を防止してくれる
  • ProMotionテクノロジ—・・・リフレッシュレートが120Hzになり、より滑らかなスクロールや映像に

FPS/TPSのゲームをガンガンやる方や、Apple Pencilで細かい絵を描きたい方はiPad Proを選んだ方がもちろん良いですが、逆に上記のディスプレイ性能の違いについて知った上で特段気にならない、もしくは必要なさそう、と思えた方はiPad Air 5で全く問題ないと思います。

iPad Air 5とiPad Pro 2021のサイズ、重量比較

iPad Air 5

ipadPro

iPad Air 5iPad Pro 11インチiPad Pro 12.9インチ
本体
サイズ
247.6×178.5×6.1 mm247.6 x 178.5 x 5.9 mm280.6 x 214.9 x 6.4 mm
重量Wi-Fi:461g
Wi-Fi・セルラー:462g
Wi-Fi:466g
Wi-Fi・セルラー:470g
Wi-Fiモデル:682g
Wi-Fi・セルラー:685g

iPad Air 5のサイズはiPad Pro 12.9インチと比べると小さいし重量も軽いですが、iPad Pro11インチとの比較だと厚さが2mm違う以外は全く一緒で、ほぼ変わらないレベルです。

デザインについても同じ。ホームボタンの無いベゼルが均一で無印iPadにはないスタイリッシュなデザインとなっています。

この辺りについては、もちろんディスプレイの大きいiPad Pro12.9インチが一番作業効率は上がると思いますが、持ち運びの頻度も考慮した上でサイズを選ぶべきだと思います。

iPad Air 5とiPad Pro 2021のCPU、メモリ比較|どちらもM1搭載!

イPad Air 5

iPad Air 5iPad Pro 11インチiPad Pro 12.9インチ
チップApple M1チップApple M1チップApple M1チップ
メモリ8GB8GB:128、256、512GB
ストレージ
16GB:1、2TBストレージ
8GB:128、256、512GB
ストレージ
16GB:1、2TBストレージ

iPad Air 5iPad Proと同じM1チップを搭載しています。

過去にiPad mini 6のA15 BionicはiPhone 13 Proよりクロック数が下げられていて、同じA15チップでも性能が低いということがありましたが、今回のiPad Air 5M1チップは現行のiPad Proと同等のベンチマーク結果が出ているようです。

第5世代iPad Airの性能が11インチiPad Pro(2021)と同等とするベンチマーク結果が登場 - Engadget 日本版
第5世代iPad Airのベンチマーク結果と称する数値が公開され、本当に11インチiPad Pro(2021)と同等の性能を持っている可能性が浮上しています。

メモリに関しては、iPad Air 5は8GBに対し、iPad Proシリーズは128、256、512GBは同じ8GB、1TB以上のストレージの場合は16GBと、より高性能となっています。

そのため性能で比較するとなると、基本的にはiPad Pro同等クラスでより安価で購入できるiPad Air 5の方が基本的にはおすすめできます。

iPad Air 5とiPad Pro 2021のカメラ機能比較|iPadでカメラ使うならPro

iPad Air 5

iPad Air 5iPad Pro 2021
カメラ
(背面)
広角:12MP、ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
5枚構成のレンズ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
パノラマ(最大63MP)
スマートHDR 3
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
写真へのジオタグ添付
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
広角:12MP、ƒ/1.8絞り値
超広角:10MP、ƒ/2.4絞り値、125°視野角
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
5枚構成のレンズ(広角と超広角)
より明るいTrue Toneフラッシュ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス(広角)
スマートHDR 3
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
写真へのジオタグ添付
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
LiDARスキャナ
ビデオ
機能
4Kビデオ撮影
(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影
(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
1080pスローモーションビデオ
(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使った
タイムラプスビデオ
ビデオの拡張ダイナミックレンジ
(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
センターフレーム
4Kビデオ撮影
(広角:24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影
(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
2倍の光学ズームアウト
オーディオズーム
より明るいTrue Toneフラッシュ
1080pスローモーションビデオ
(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使った
タイムラプスビデオ
ビデオの拡張ダイナミックレンジ
(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
センターフレーム
FaceTime
HDカメラ
TrueDepth
カメラ
(前面)
12MP超広角フロントカメラ、122°視野角
ƒ/2.4絞り値
スマートHDR 3
1080p HDビデオ撮影
(25fps、30fpsまたは60fps)
手ぶれ補正機能を使った
タイムラプスビデオ
ビデオの拡張ダイナミックレンジ
(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
(1080pと720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード
12MP超広角カメラ、122°視野角
ƒ/2.4絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが
使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えた
ポートレートライティング
アニ文字とミー文字
スマートHDR 3
1080p HDビデオ撮影
(25fps、30fpsまたは60fps)
手ぶれ補正機能を使った
タイムラプスビデオ
ビデオの拡張ダイナミックレンジ
(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
(1080pと720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード

カメラ機能に関しては結構差別化がされていて、赤い文字の部分がiPad Proにしか搭載されていない機能となります。
大きな違いとしては、iPad Air 5の背面カメラは12MP広角レンズ一つのみに対し、iPad Proは広角+超広角レンズも搭載。さらにARコンテンツの高精度な体験ができたり、暗所でのオートフォーカスの高速化などの恩恵がある「LiDARスキャナ」を搭載。

New Apple iPad Pro LiDAR Scanner in action | Try it Yourself!

ビデオ機能に関しては、どの機種も4K/60fpsまでの撮影が可能ですが、iPad Air 5はカメラのズームと合わせてと音声もズームするオーディオズーム機能やステレオ録音には対応していません。

前面カメラの特徴としては、センターフレーム(ビデオ通話時に被写体をフレームの中心から外れないように自動で調整してくれる機能)はどの機種にも搭載していますが、iPad Proにしかない機能としては、ポートレートモード、アニ文字などが挙げられます。

ちなみにこのセンターフレーム機能は、無印iPad(第9世代)iPad mini 6にも搭載されています。

iPadのカメラをメインで使う方は少ないと思いますので、そういった方以外はiPad Air 5で全く問題ないと思います。

 

iPad Air 5とiPad Pro 2021の生体認証の比較|指紋認証か顔認証か

iPad Air 5

iPad Air 5iPad Pro 2021
生体認証Touch IDFace ID

生体認証についてはiPad Air 5Touch ID(指紋認証)に対し、iPad ProFace ID(顔認証)を搭載しています。

iPad Air 5のTouch ID(指紋認証)は右上の電源ボタンに内蔵されています。顔認証はマスクだと認識しない欠点がありますが、iOS15.4以降マスクをしたままロック解除が可能になり、今後iPadOSでも同様の機能は間違いなく付くと思います。

個人的には特に指紋認証で全く問題ないので、iPad Air 5をおすすめします。

iPad Air 5とiPad Pro 2021のスピーカー、マイクの比較

iPad Air 5

iPad Air 5iPad Pro 2021
スピーカーステレオスピーカー4スピーカーオーディオ
マイク通話、ビデオ撮影、
オーディオ録音のための
デュアルマイク
通話、ビデオ撮影、
オーディオ録音のための
5つのスタジオ品質マイク

iPad Air 5は横向きのステレオスピーカーに対応していますので、横向きのみステレオで動画や音楽を楽しむことができますが、iPad Proは4スピーカーシステムなので、縦横どの角度にしてもステレオで楽しむことができるので、この点はiPad Proの方が優れています。

内蔵マイクに関してもiPad Proの方が優れたスタジオ品質マイクを搭載しており、録音の機能に差があります。

iPad Air 5とiPad Pro 2021の充電端子、バッテリー比較

iPad Air 5

iPad Air 5iPad Pro 2021
端子USB Type-CUSB Type-C
Thunderbolt/USB 4対応
バッテリー28.6Whリチャージャブル
リチウムポリマーバッテリー
Wi-Fiでのネット利用、
ビデオ再生:最大10時間
11インチ:
28.65Whリチャージャブル
リチウムポリマーバッテリー
12.9インチ:
40.88Whリチャージャブル
リチウムポリマーバッテリー
Wi-Fiでのネット利用、
ビデオ再生:最大10時間

iPad Air 5は転送速度10GbpsのUSB-C対応に対し、iPadProは転送速度が最大40GbpsのThunderbolt/USB 4に対応しており、こちらもiPad Proの方が高性能となっています。

バッテリーに関しては、どの機種も「Wi-Fiでのネット利用、ビデオ再生:最大10時間」と表記されています。

こちらは使い方によっても大分異なるので一概には言えませんが、参考としてバッテリーテストの動画では、iPad Air 5と同じバッテリーを搭載したiPad Air 4iPad Pro12.9インチiPad Pro11インチの順番で充電が減るのが早いという結果になっています。

SHOCKED!!! iPad Battery Life DRAIN TEST 2022

iPad Air 5とiPad Pro 2021のその他の機能について|ほぼ同じ

iPad Air 5

iPad Air 5iPad Pro 2021
Apple Pencil第2世代第2世代
5G対応
Bluetooth5.05.0
Wi-FiWi-Fi 6Wi-Fi 6
対応キーボードSmart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard

その他の細かい機能については、全く同じ仕様となっています。Apple PencilについてもiPad Air 5iPad Pro 2021どちらも第2世代に対応していますし、5G対応やWi-Fiの規格も同じです。

それぞれトラックパッドが搭載されたMagic Keyboardなど、Apple純正の専用キーボードにもちろん対応しています。

iPad Air 5とiPad Pro 2021の比較まとめ

iPad Air5

以上、iPad Air 5iPad Pro 2021の比較でした!

最後に個人的に思う比較ポイントをお伝えします。

  • ストレージ容量が必要ないなら7万円台の価格で変えるiPad Air 5一択
  • iPad Air 5の256GBならiPad Pro11インチの128GBとはたった2,000円の差額
  • 裸で使うならカラーが豊富なiPad Air 5
  • リフレッシュレートに差があるため、ゴリゴリゲームしたい人や絵を描きたい人はiPad Pro
  • サイズはiPad Air 5iPad Pro11はほとんど一緒
  • iPad Pro12.9インチのみディスプレイ機能が他より一段階上で画面も大きいので作業効率アップ
  • iPad Air 5のM1チップはiPad Proと同等なので差は無し、その他の機能が比較対象
  • カメラはProの方が勝っている部分が多いので、 iPadでカメラをよく使うならiPad Pro

細かい差はあれど、M1チップ搭載はかなりインパクトが大きく、基本的には安価で購入できるiPad Air 5をおすすめします。

ただしiPad Proにしかない機能もあるので、機能差とご自身のお財布と相談しながら、後悔のないiPadを選んでいただけると幸いです、

最後までご覧いただきありがとうございました!