激安タブレット3000円台~1万円台でおすすめはどれ??【中華は安い】

タブレット

今回は、子供用や動画鑑賞用、電子書籍を読む用途など、そこまでスペックを必要とせずできるだけ安いタブレットをお探しの方のために、セール時も含めると3000円台~1万円前後で買える激安タブレットを紹介したいと思います。

タブレットの選び方のポイントと、安い中でも特におすすめタブレットを厳選したので、ぜひ参考にしてもらえると幸いです!

スポンサーリンク

激安タブレット3000円台~1万円前後のおすすめ【中華タブレット】

Amazon Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB

Fireタブレット

  • ディスプレイ:7インチ、IPSディスプレイ、解像度1024×600、171ppi、反射防止技術採用
  • サイズ:192mm x 115mm x 9.6mm
  • 重量:286g
  • CPU:ARM Cortex-A53(1.3GHz)
  • OS:Fire OS 7
  • メモリ: 1GB
  • ストレージ : 16/32GB
  • カメラ リア:2MP フロント:2MP
  • バッテリー 最大7時間(3,200mAh)

安いタブレットの代表と言えばAmazonのFireタブレットです。

天下のAmazonブランドなので、聞いたこともない中華メーカーのタブレットを買うよりやっぱり安心感があります。

価格は16GBが5,980円で、32GBが7,980円。

1万円を切る価格で買えるのは魅力的ですが、それだけではないんです。

 

Amazonではプライムデー(主に7月頃)サイバーマンデーセール(11月末頃)など、年に数回セールを行っており、そのタイミングであれば16GBなら3,980円で買える可能性があります。

期間限定ですが3000円台でタブレットが購入できるので、少しでも安く買いたい人は定期的にAmazonでセールをやっていないかチェックしましょう。

 

同じAmazonのタブレットには、8インチのFire HD 8と10インチのFire HD 10もありますが、安さ最優先なら7インチのFire 7が一番オススメです。

レビューを比較

高評価

  • 家使いあるいは音楽プレイヤー、動画タブレットとしては十分及第点だと思います。
  • 実際触ってみると軽くて持ちやすく、動きもサクサクです。
  • アレクサが衝撃的 前のfireより処理速度が速い
  • タブレットで何をするかにもよるでしょうが、外出先でインターネット、メールくらいなら十分です。
  • プライムを契約している人はこれだけで書籍、音楽、映画、ドラマが見放題なので持たない理由がありません。

低評価

  • 手持ちのアンドロイド端末と比べたらかなり遅いのでイライラする。
  • バッテリーは相当貧弱です。
  • 高評価できない最大の理由は画面解像度の低さ
  • アプリの突然のダウンや反応の遅さはカタログスペック差以上に窮屈に感じる。

動作がもっさり、バッテリーの持ちの悪いという意見が多いですが、激安な価格を考えれば文句なしだと思います。

月額980円で電子書籍読み放題のKindle Unlimitedや、月額500円で映画やアニメ見放題のPlime Video等、Amazonのサブスク利用と併せて使えば間違いないタブレットです。

3000円台のタブレットなら、Fire 7 タブレットの中古を買うという手も

セールまで待ちたくない、今すぐ3000円台で買いたい!という方は、Fire 7 タブレットの中古であればメルカリで3,000円前後で取引されています。

特にお子様用などで、中古でも気にならない場合は選択肢に入れても良いかもしれません。

Amazon Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 32GB

Fire HD8 タブレット

  • ディスプレイ:8インチ、解像度1280×800(189ppi)、IPS(面内切替型) 技術と高度な偏光フィルター搭載
  • サイズ:202 x 137 x 9.7mm
  • 重量:355g
  • CPU:2GHzクアッドコア
  • OS:Fire OS 7
  • メモリ:2GB
  • ストレージ : 32/64GB
  • カメラ リア:2MP フロント:2MP
  • バッテリー 最大12時間(4,750mAh)

上記のFire 7タブレットより、画面サイズ、CPU、バッテリー等、全てのスペックにおいてワンランク上がったタブレット。

価格は32GBが9,980円で、64GBが11,980円。購入予算が1万円前後まで余裕のある方なら、これ一択だと思います。

こちらもAmazonのセールだと5,000円台まで下がる可能性がありますので、性能とコストパフォーマンスを考えると一番おすすめです。

レビューを比較

高評価

  • 動画、書籍、ネットサーフィンをするタブレットとしてはこの上ないです。
  • 思ったよりサクサク動くしアレクサに音楽を再生してもらったりなかなか良いです。
  • エコーなどのAmazon端末を設定したことがあれば、WiFi接続も全部自動でやってくれます。
  • 音が思った以上に良く、Alexa echoよりも音良いのでは??
  • ゲームについても2Dの軽いものであれば問題なく動く。

低評価

  • ゲームかビデオを見る以外は殆ど使い物にならない。
  • 思っていたより重い、持ち歩きに不向きなくらい重い。
  • Androidで使っているアプリで使えないのが多すぎます。
  • 動画やブラウジングやらで色々な用途で使いたい人はこの値段でもおすすめできません。
  • 充電の持ちが悪い事、ストレージの読み書きが遅い事、メモリが2Gなので色々カクつく事

Fire 7タブレットよりスペックは上がってはいるものの、過度な期待は禁物です。ただセールで5000円台で購入できるのであれば、絶対に買いだと思います。

ちなみに同じ8インチで3GB RAM搭載とさらにスペックの上がったFire HD 8 Plus(11,980円)、大画面10インチのFire HD 10(15,980円)もあります。持ち運び用途ならサイズ的に8インチをおすすめします。

どちらも一万円台なのでぜひご検討いただければと思います。

スポンサーリンク

TECLAST P85タブレット

TECLAST P85

  • ディスプレイ:8インチ、解像度1280×800
  • サイズ:20.9 x 12.5 x 0.95 cm
  • 重量:354 g
  • CPU:Allwinner A133 1.5GHz
  • OS:Android 11
  • メモリ: 2GB
  • ストレージ:32GB
  • カメラ リア:2.0MP フロント:0.3MP
  • バッテリー容量:4,000mAh

TECLAST P85タブレットは、10,000円ほどでUSB Type-C対応、バッテリー容量もそこそこあるタブレット。

上でお伝えしたAmazon Fire HD 8 タブレットとサイズ感やスペックもかなり似ているタブレットなので、Amazonのセール価格を含めない場合は、こちらも選択肢に入れても良いと思います。

レビューを比較

高評価

  • 中華タブレットにありがちな怪しげなプリインストールアプリもなく、標準のGoogleアプリのみなので安心できます。
  • GooglePlayもインストール済で使いやすいと思います。
  • 余計なアプリも入っていなくて使いやすいし、難しい注文をしなければとてもいい子です。
  • ゲームをするには少し厳しいかと思いますが普段のちょっとした調べ物などには、薄くて軽く手軽に使えて最適です。
  • 時計、ネット検索、YouTube鑑賞と多くを求めてないですが、便利に使えるし余分なアプリが無いのもいいです。

低評価

  • 実用に耐えません。基本動きは遅いし、画面も暗い。明るさMAXにしてもそれなりに暗い。
  • 無線LANが5.0Gに対応していないのが、残念です。
  • バッテリー持ちはあまりよくないと思います。フル充電で2時間ネット閲覧して、残り65%です
  • 安価なんで購入しましたが、アプリはもっさりでサクサク動かない。
  • TwitterやYouTubeすらかなり処理が遅い。

低評価としてはやはり動きが遅い、もっさりと言った意見が多いです。

ただ動画視聴や電子書籍メインでは問題ないというレビューも多く、高評価の方はある程度割り切って使っている方が多い印象なので、あくまで1万円台という価格を考えた上でご検討いただければと思います。

ちなみにもう少し予算がある場合は、10インチのタブレットも販売されています。

 

アイリスオーヤマ タブレット LUCA 8インチ TE081N1-B

 アイリスオーヤマ タブレット LUCA

  • ディスプレイ:8インチ、解像度1280×800
  • サイズ:‎12.52 x 20.94 x 0.87 cm
  • 重量:290 g
  • CPU:MediaTek(C)MT8766 4コア 2.0GHz
  • OS:Android10
  • メモリ: 2GB
  • ストレージ:32GB
  • カメラ リア:0.5MP フロント:0.5MP
  • バッテリー容量:4,080mAh

あのコスパに優れた家電で有名なアイリスオーヤマのタブレットLUCAは、15,000円前後とリーズナブルな価格な8インチのタブレットです。

こちらもスペック的にはFire HD 8 タブレットと似ていますが、最大の違いはFire HDは重量が355gに対し、こちらは290gとかなり軽量です。もちろんUSB Type-Cにも対応しています。

いくら安くても聞いたことのない中華ブランドに抵抗がある、という方にはおすすめできるタブレットです。

レビューを比較

高評価

  • とてもしっかりしていて、画面もきれいで見やすく使いやすいです。
  • 片手で持てる大きさと重さなので電書リーダーとして申し分ないです。
  • Chrome、YouTube、GoogleマップといったGoogleアプリはプリインストールされていますのですぐに利用できます。これらはFireタブレットに無い魅力です。
  • タブレット初心者の私にも手軽に使いこなしています。ぶっちゃけ携帯が大きくなったようなものです。
  • 手頃なAndroid端末が欲しい人は普通にPlayストアも使えるのでFire HDと比べても悪くない買い物だと思います。

低評価

  • 5年前のタブレットより少し早い程度で画質もそこまで良くはない
  • やはりメモリが2GBしかないので処理が重く、ニュース、その他のネット配信情報をみるにはイラっとする程時間がかかることが多い。
  • スピーカーが下についているため、横画面再生すると2個とも右側に行ってしまいステレオの効果が半減するのが残念
  • 電池の減りが早く、充電に時間がかかる。基本的に反応が悪い。
  • 0%の状態で高速充電可能なケーブルを接続しても、1時間で15%程度までしか充電されない。

低評価としては、この価格帯のタブレットはありがちな動作が重いという意見はやはり多く見受けられました。こればかりはどうしても価格と比例する部分ではあるので、事前にレビューを見てある程度自分に中で納得してからの購入を検討いただければと思います。

高評価としては、やはり軽さを挙げている方は結構多い印象でした。他はFire HDとの違いとしてこのタブレットはAndroidに対応しているので、Googleアプリが標準でインストールされていたり、使い勝手の部分で評価を上げているようです。

スポンサーリンク

Blackview Tab6 タブレット 8インチ

Blackview Tab6 タブレット 8インチ

  • ディスプレイ:8インチ、解像度1280×800
  • サイズ:‎207.6×124×9.45mm
  • 重量:365 g
  • CPU:Unisoc T310,2.0GHz
  • OS:Android 11
  • メモリ: 3GB
  • ストレージ:32GB
  • カメラ リア:5MP フロント:2MP
  • バッテリー容量:5,580mAh

Blackview Tab6は、15,000円程の価格に関わらず、メモリが3GBでサクサク快適に使える+5,580mAhと大容量のバッテリーを搭載しており、スペックとしてはかなりオススメできるタブレットです。

さらにこの価格帯のタブレットでは珍しくLTE対応のため、Wi-Fiが無い場所でもネットや電話をすることもできます。

レビューを比較

高評価

  • 全般的には価格の割には、レスポンスもよく、GPS搭載にLTE対応とコスパに優れています。
  • GメールNetflixやYoutube、ウェブ検索とGマップ閲覧、電話機としての通話であれば全く問題なく、サクサクではないですが、とりあえずこの金額で8インチなら非常に良いです。
  • SIMフリーで、バッテリー容量もあり、ごく当たり前に動作する素晴らしい端末です。
  • 本を読む、漫画を読む、動画をみる、ブラウジング程度ならドンピシャで文句の欠片もありません。
  • 本タブレット最大の特徴はSIMカードがセット可能なことであり、格安SIMと組み合わせることで屋外で使うことも可能

低評価

  • 2Dゲームなら多少ならできると思いますが、ゲーム目的で買うのは基本的におすすめしません
  • SoftBankSiMで利用してましたが、テザリングが上手く行かず、分かっていましたが重い。
  • 最初から保護フィルムが貼られているのはありがたいけど、多少のホコリが入ってる。
  • 付属のUSBケーブルでの充電が、他の市販ケーブルに比較して10倍以上遅い。
  • 他の方のレビューにあるように充電できず起動しませんでした。返品にも手がかかったのでうんざりしてます。

やはりメモリが3GBあるのは魅力的だと思う方が多く、そこが購入の決め手になっているようです。

SIMの繋がり具合には一癖あるようです。細かくレビューしてくれている方がいましたので、もし購入を検討されている方はこちらをご参考ください。

Simはソフトバンク系が最高と思います。
ドコモ回線の4Gでは地下や郊外の繋がりやすさを左右するバンド19に対応していないので
トレッキングされる方や登山家などは山奥、谷などで繋がりません。
AU系は全国区をカバーするバンド18(26)に非対応なのでおすすめ出来ません。
ソフトバンク系は4Gで重要なバンド1・3の他にバンド8(いわゆるプラチナバンド)に対応していますのでおすすめです。ソフトバンク系の格安Simを装着したら自動認識してAPN設定も全く不要でした。
わずか1分足らずで立ち上げOKでした。地方の山奥でも快適に動作しています。(Amazonレビュー抜粋)

あとは充電ができない初期不良品が一定数あるようで、交換や返金対応をしてもらったというレビューもチラホラ見受けられるので、ある程度覚悟して購入した方がよさそうです。ただ対応はしっかり行ってくれるみたいです。

VANKYO タブレット S7

S7 Black

  • ディスプレイ:7インチ、解像度1024×600
  • サイズ:‎‎189×109×10 mm
  • 重量:238 g
  • CPU:SC7731E Cortex A7 1.3GHz(クアッドコア)
  • OS:Android10
  • メモリ:2GB
  • ストレージ:32GB
  • カメラ リア:5MP フロント:2MP
  • バッテリー容量:3,000mAh

こちらのタブレットは7インチ、メモリ2GB、バッテリー3000mhと、今まで紹介したタブレットと比べて特に秀でてるところはありませんが、とにかく安い。Amazonで大体8,000円前後で販売されています。

レビューを比較

高評価

  • 値段の割りに画質や音質も良好。全然許容範囲です。ここらへんをこだわる人ならやめといたほうが無難でしょう。
  • 値段が値段だけに多くは望んではなかったですが、画質、音質等拘らなければ、問題なしかと。
  • 画質もよく、MicroSDカードで内蔵ストレージを増加できて便利です
  • このクラスにしては画質は悪くないです。動作もイライラするほどでもなく普通に使えます。
  • 音楽視聴や文字を読むだけなら十分です。

低評価

  • ゲームなどはカクカクする。動画を見るにはダメかな
  • 娘がYouTubeを毎日見ています。開くまで時間がかかります。何をするにもワンテンポ遅い感じです。
  • 典型的な安かろう悪かろう商品です。中央にドット抜けが有りました。
  • 液晶はIPSと言うことで視野角は広いですが色が綺麗では無いです。
  • 〈入力性能〉の低さ(悪さ)が、何よりのネックです。「高速・多量の文字を打つ」ことが、実質出来ません!

低評価としては、画質が悪い、音が良くない、USB-Cでない、という意見が多いようです。
中華タブレットはスペックよりも価格が売りなので、そこを分かった上で購入している方は概ね高評価という印象でした。

お子様用や、電子書籍用途など割り切って使う分には、この価格の安さは魅力的だと思います。

スポンサーリンク

激安タブレットの選び方とは?【安いなりの理由】

iPadなどの高価なタブレットと、安いタブレットの差はなんでしょうか?

大きく挙げるとすれば、メモリやストレージの容量、CPU等のスペック、バッテリーの持ち、ディスプレイの解像度等です。

ただ自分の利用用途で、許容できる範囲であれば無駄に高いタブレットを買うのはもったいない!

ということで、選び方のポイントも簡単にご紹介しておきます。

激安タブレットをバッテリー容量で選ぶ

タブレット

バッテリーについては、旅行や移動中などで長時間動画を見たいという方や、充電がとにかく面倒!という方は、できるだけ容量の大きなタブレットを選ぶのは間違いないです。

ただそんなにハードな使い方はせず、

  • 外では通勤の限られた時間でネットサーフィンや電子書籍を読むだけ
  • 基本家で寝っ転がって動画を見るだけ

という使い方がメインの場合は、そこまでバッテリーについては気にしなくて良いと思います。

激安タブレットを画面サイズで選ぶ

タブレット

基本的にタブレットの画面の大きさは7~10インチくらいが一般的。iPad proなんかは12.9インチなんてのもありますが、ここでは触れません。高いので。

自分は7インチのタブレットを使ってますが、スマホよりちょっと大きい画面かつ持ち運びも楽、という点で気に入っています。

電子書籍やマンガを読むのが用途の方は個人的にはこのくらいがベスト。

 

10インチ以上になると手持ちで利用すると、重いしちょっと扱いづらい。大きい画面で動画を見たり、ゲームをするという用途であれば選択肢になります。

基本的に大きいタブレットの場合は縦置きできるスタンドやケースを別途購入するケースがほとんどだと思います。

激安タブレットをディスプレイの解像度で選ぶ

皆さんできるだけ綺麗な画面で見たいと思うでしょう。

ピクセルという単位で表され、1280×800等という表記の仕方がされています。

基本的に数字が大きければ大きいほど、解像度が高く、画面が綺麗と思ってもらえば間違いないですが、画面の大きさでも変わってきます。

比べるなら同じインチのタブレットで数字を比較してみましょう。

ただ正直、1万円前後の価格帯であれば、どれを選んでもそんなに大差はないです。

格安タブレットをストレージ容量で選ぶ

タブレット

動画やマンガ、書籍を大量に保存したい方は、なるべくストレージ容量の多いタブレットを選ぶ必要があります。

が、SDカード対応であればそちらに保存してしまえば問題なし。

2,3000円もあれば結構な容量のSDカードが買えるので、本体の容量のために万単位で高いタブレットを買うよりは、SDカードを別途購入した方がコスパは良いです。

激安タブレットをメモリ容量で選ぶ

タブレット

メモリ容量によって処理速度が大きく変わります。

特に高度な処理が必要なFPS等のゲームをしたい方は、できるだけメモリの容量が大きいタブレットを選ぶ必要があります。

マンガや電子書籍メインであれば、1~2GBでも全然余裕で大丈夫だと思います。というか、安いタブレットは大体どれもそのくらいの容量。

そのため基本的にゲームをしたい方は安いタブレットはおすすめしません。

激安タブレットをカメラの画素数で選ぶ

タブレット

カメラのスペックも検討する項目ではありますすが、安いタブレットにカメラの性能を求めるのはNG。

必要最低限のスペックがほとんどなので、おそらくですがお持ちのスマホで写真を撮った方が綺麗な写真が撮れます。

というかタブレットで写真って撮りますか?基本的にスマホで撮る人の方が多いと思います。

使わない機能のスペックが良くても正直意味がないので、あまり気にする必要はないと思います。

まとめ

3000円~1万円前後で買える激安タブレットのおすすめでした!

電子書籍や動画視聴メイン、もしくはお子様専用で、安くタブレットの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!