格安タブレットおすすめ5選!1万円台で買えちゃう!【2019】

タブレット ガジェット

普段ネットを見るのはスマホで事足りているけど、

もう少し大きい画面で操作したいっていう時ありますよね。

 

でもPC買うほどでもないって方。タブレット買いましょう

一つ持ってるとめちゃくちゃ捗ります。

ぶっちゃけ安いタブレットは少々動作がもっさりすることもありますが、

ネットや動画、電子書籍くらいの用途だったらiPadなんか買う必要は一切ないと思う。

 

そんなわけで、今回は1万円前後で買えて、初めて購入する方におすすめのタブレットを、

コスパ厨の自分が調べに調べました。

タブレットの選び方のポイントと、安くておすすめなタブレットを厳選しましたので、

ぜひ参考にしてもらえると幸いです!

スポンサーリンク

安いタブレットの選び方とは?【一万円前後】

iPadなどの高価なタブレットと安いタブレットの差はなんでしょう?

先にいくつか挙げるとするなら、バッテリーの持ち、ディスプレイの解像度、メモリやストレージ容量などのスペック等です。

ただ自分の使用用途内で、許容できる範囲であれば、無駄に高いタブレットを買うのはもったいない!

ということで、まずは選び方のポイントを簡単にご紹介します。

バッテリー容量でタブレットを選ぶ

タブレット

バッテリーについては、旅行や移動中などで長時間動画を見たいという方や、

充電がとにかく面倒!という方は、

できるだけ容量の大きなタブレットを選ぶのは間違いないです。

 

ただそんなにハードな使い方はせず、

・外では通勤の限られた時間でwebサーフィンや電子書籍を読むだけ

・基本家で寝っ転がって動画を見る

という使い方がメインの場合は、そこまでバッテリーについては気にしなくて良いと思います。

画面サイズでタブレットを選ぶ

タブレット

 

基本的にタブレットの画面の大きさは7~10インチくらいが一般的。

iPad proなんかは12.9インチなんてのもありますが、ここでは触れません。高いので。

自分は7インチのタブレットを使ってますが、スマホよりちょっと大きい画面かつ、持ち運びも楽、

という点で気に入っています。

電子書籍やマンガを読むのが用途の方はこのくらいがベスト。

10インチくらいになると持ち運びは不便だし、ちょっと持ちにくい。

動画を大きい画面で見たい方や、PCを持ってない方なんかには10インチ以上でもいいかもです。

ディスプレイの解像度でタブレットを選ぶ

 

皆さんできるだけ綺麗な画面で見たいと思うでしょう。

ピクセルという単位で表され、1280x800等という表記の仕方がされています。

基本的に数字が大きければ大きいほど、解像度が高く、画面が綺麗と思ってもらえば間違いないですが、

画面の大きさでも変わってきます。

比べるなら同じインチのタブレットで数字を比較しましょう。

まあ正直一万円前後の価格帯であれば、そんなに大差はないです。

ストレージ容量でタブレットを選ぶ

タブレット

 

動画やマンガ、書籍を大量に保存したい方は、

なるべくストレージ容量の多いタブレットを選ぶ必要があります。

が、SDカード対応であればそちらに保存してしまえば問題なし。

 

2,3000円もあれば結構な容量のSDカードが買えるので、

本体の容量のために万単位で高いタブレットを買うよりは

SDカードを別途購入した方がコスパは良いです。

メモリ容量でタブレットを選ぶ

タブレット

 

メモリ容量によって処理速度が大きく変わります。

特に高グラフィックなゲームをしたい方はできるだけメモリの容量が大きいタブレットを選ぶ必要があります。

 

マンガ、電子書籍メインであれば、1~2GBでも大丈夫だと思います。

というか安いタブレットは大体そのくらいの容量。

なので基本的にゲームをしたい方は安いタブレットはおすすめしません。

カメラの画素数でタブレットを選ぶ

タブレット

 

カメラのスペックも検討する項目ではありますすが、安いタブレットにカメラの性能を求めるのはNG。

必要最低限のスペックがほとんどなので、

おそらくお持ちのスマホで写真を撮った方がきれいな写真が撮れます。

 

というかタブレットで写真なんか撮る人あんまりいないでしょう。なのであんまり気にする必要はなし。

スポンサーリンク

安いタブレットおすすめ5選!1万円前後と格安【2019】

Huawei 8.0インチ T3 8 SIMフリータブレット

Huawei 8.0インチ T3 8 SIMフリータブレット

  • CPU:Qualcomm MSM8917
  • OS:Android 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
  • ディスプレイ:約8インチ,WXGA(1280x800),IPS
  • メモリ:RAM 2GB / ROM 16GB
  • カメラ リア:500万画素(AF)
  • カメラ フロント:200万画素 (FF)
  • バッテリー容量:4800mAh

まずはHuaweiのハイコスパなタブレットから。

Huaweiは中国メーカーで、最近は高品質なスマホを次々と出していて勢いがすごいですね。

ちょっと前までは中華製なんか怖くて買えないってイメージがありましたが、

今はもう全く気にならなくなりました。

レビューを比較

高評価

  • ブルーライトカットモードが標準装備なので、安心
  • キャリアショップで販売している廉価タブレットよりずっと画面がきれいでサクサク。
  • 18000円でこの機能にはビックリ
  • 半年以上経つけど、不具合なし。起動も早いし容量不足に悩むこともなし。
  • 不要なソフトウェアが入っていないのも◯

低評価

  • タッチ操作時にレスポンスが悪いことがある
  • 性能は高くないのでゲームとかしたいのなら金かけて他のを選んだほうがいい
  • カメラの画質は普通
  • 解像度が若干低いようですが、値段を考えればこんなものでしょう

 

サクサク動くという評価も多くありますが、スペック的にゲーム用途にはお勧めできません。

あくまでネットサーフィン、動画視聴メインの人にはコストパフォーマンスが最も高いタブレットと言えるでしょう。

とにかく安くてそこそこのタブレットが欲しいという方にはこれ一択。

 

スポンサーリンク

Dragon Touch タブレット 10.1インチ K10

タブレット

  • CPU : MTK8163 Quad-core Cortex-A53
  • OS : Android 8.1
  • ディスプレイ : 10.10 インチ 1280x800
  • 24.02 x 17.02 x 0.93 cm
  • ストレージ : 16G  RAM : 2G
  • カメラ: 背面200万画素、前面200万画素
  • バッテリー: 5000mAh

10インチのIPS液晶でメモリ2G、バッテリー容量も充分にあり、安くて画面の大きいそこそこ使えるタブレットが欲しい方にはこちら。

ネーミングセンスがいかにも中華っぽいですが、性能と安さから評価は高く人気なタブレット。

レビューを比較

高評価

  • 10.1インチのタブレットのタブレットとしてはかなりお手ごろな価格
  • 子供用に安価な機種を探しての購入でしたが申し分ないですね。
  • デザインは価格の割にベゼル幅が太くないのでとても良いです
  • 普段youtube やアプリゲームなどをする分には何も問題ないと思いました。

低評価

  • 音質が今一なのとSDカード挿入場所のカバーが開けにくく、開ける回数が多いとカ
    バーが壊れそう。
  • ずーっとYouTubeを見てましたが充電の減りが遅いような気がしました。
  • 最新のiPadと比べると少し画質は落ちるかな?というレベルです。
  • ゲームなどはサクサクヌルヌルとは動きませんが、プレイできないほどではないと思います。

 

スポンサーリンク

Teclast P80 Pro タブレット 8インチ

安いタブレット

  • CPU:MediaTek_MT8163クアッドコア 
  • OS : Android 7.0
  • ディスプレイ:8インチ 1920×1200 IPS 
  • ストレージ:32GB RAM 3GB
  • 重量:372g
  • バッテリー: 5000mAh
  • MicroSDスロット:128GBまで
  • Bluetooth4.0

1万円台前半の価格帯でメモリ3Gとかなりコスパに優れたタブレット。

Bluetoothにも対応、HDMI出力にも対応とスペックは高め。

レビューを比較

高評価

  • この価格でこの性能のタブレットはいまのところ見当たりません。
  • 低価格にもソコソコのポテンシャルを持っていること
  • この価格でHDMI出力できるし文句ない
  • この値段で保護フイルムとケースが附いているのを思えば十分
  • 比較的安価にも関らず、RAM3GBとスペックがそこそこ良いです。

低評価

  • 画面はなかなかキレイですが、最初から貼ってある保護フィルムの触感が微妙
  • バッテリーは5000mAhとありますが、思ったよりも早く無くなります
  • 画面の発色が少し薄い気がします。
  • Wi-Fiの感度が弱く感じられる

 

最初からケースと保護フィルムが付属されてるのはGOOD。

バッテリー関連での低評価が目立ちますが、初期不良品が一定数あるんでしょうか。

ただスペックだけだと、ここで紹介しているタブレットの中で最も高いタブレットです。

同価格帯でとにかくスペック重視!という方はこちらがおすすめ。

スポンサーリンク

BLUEDOT 8インチ タブレットBNT-801W

安いタブレット

  • CPU : MT8163(ARM Cortex-A53 64ビット 1.3GHz クアッドコアプロセッサ)
  • OS : Android8.1
  • ディスプレイ : 8インチIPS液晶 1280×800画素
  • 重量 : 約320g
  • ストレージ : 16G  RAM : 2G
  • バッテリー: 4000mAh
  • MicroSDスロット
  • Bluetooth:4.1

安いタブレット

 

Android8.1とかなり新しいOSを搭載されているのがポイント。

MicroHDMI端子搭載でHDMI出力も可能。

一番はこの価格帯でUSB Type-Cを搭載しているところですね。

かゆいところに手が届くタブレット。

 

レビューを比較

高評価

  • 本体は軽く、動作もサクサクで気に入りました。
  • 画面も綺麗ですしYouTubeや写真も綺麗に表示されてます。
  • 日本製でこの値段で最新アンドロイドタブレット買わない手はない
  • HDMIはMicroなので、HDMIケーブルと別途アダプターが必要です。でも簡単に画面がテレビへ出力できます
  • 一万円で、音はすごくいいし、画質もまあまあ。

低評価

  • 画面全体が安定して明るく見える角度が少し狭い気がします。
  • ネットサーフィン用です。高機能を求めてはいけません
  • 動きはちょいカクカクですが、速さ的にはスマホと変わらず速い
  • フィルムを買うべき。すぐ傷がつきます。

 

個人的には一番おすすめです。

スペックはそこらの安いタブレットとそう大差はないですが、

OSの新しさ、USB Type-Cはかなり魅力的。

 


スポンサーリンク

Amazon Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) (第7世代)

Amazon Fire HD 8

  • ディスプレイ 8インチ、解像度1280x800、反射防止技術採用
  • 重量 369g
  • CPU : 1.3GHz クアッドコア
  • RAM 1.5GB
  • ストレージ : 16GB (使用可能領域 約11.1GB)、32GB (使用可能領域 約25.3GB)、400 GB までの microSD カード対応
  • バッテリー 最大10時間

格安タブレットといえばこれ。
とりあえずこのタブレットを持っておけば間違いない。安いし。

価格は16GBが8,980円で、32GBが10,980円。

1万円を切る価格で買えるのは魅力的。

 

7インチのFire7と10インチのFireHD10がありますが、コスパを考えたら8インチのFire HD 8が一番オススメ。

 

レビューを比較

高評価

  • プライムビデオ鑑賞、電子書籍(漫画)を読む用途においては何の不満もない
  • fire OS搭載なのでバックグラウンドのgoogle通信が無くスペック以上に動作は軽い
  • その辺の2万円程のタブレットよりはタッチ感度やスムーズな動作、音質等は安定の品質
  • ブラウジングはハイスペック機種に劣りない性能

低評価

  • 動作がもっさりしており、スピーカー性能も悪く、ストレスを感じる
  • この値段として手に入るタブレット端末としては十分満足だが、性能としてはお察し
  • CPUパワーが低すぎて、待たされる事が非常に多い
  • 同じクラスのタブレットと比較してキャッシュが増えると極端に遅くなる

 

基本的にタブレット端末としてのスペックは低い。まあ金額を考えれば妥当というか十分な性能。

動きがもっさりという意見も多く、完全にアマゾンプライムに特化したタブレット

 

Kindle、プライムビデオ専用と割り切って使えば何の問題もないでしょう。

Amazonプライムにまだ入っていない方はこちらもご参照を。

まとめ

 

いかかでしたか?

1万円前後で買える格安タブレットのおすすめでした!

安くタブレットの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました